山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

長期避難に役立つ防災グッズ 防災グッズ

防災! 災害時でもウォシュレット(シャワートイレ)を使いたい!

投稿日:2017年8月16日 更新日:

ひと昔前では、あってもなくても良かったウォシュレット。

今では、自宅はもとより、コンビニやパーキングエリアのトイレにもついている事が多くなりました。

山猫は、ウォシュレットが大好き。一度使うとウォシュレットのない生活には戻れない!という方も多いのではないでしょうか?

災害時、自宅のトイレが使えなくなると、突然ウォシュレットのない生活に逆戻り。。災害時だから当たり前!という声も聞こえてきますが、やはりウォシュレットを使いたい!

一日くらいなら我慢できますが、長期となると結構きつい物があります。紙で拭いただけだと綺麗になった気がしないんですよね。

そこで登場するのが!

携帯型のウォシュレット(シャワートイレ)

最近、新製品が続々登場していろいろなタイプから選べるようになっているのです!普段の生活でも、例えば、海外に行く時とか、キャンプに行く時とか、携帯型のウォシュレットが欲しい場面は結構あります。これだけたくさんの製品が出ているという事は、かなりの需要があるのだな!と思います。

さて、携帯型のウォシュレット。大きく分けて3種類(山猫の分類です)あります。今日はこの3種類の特徴とそれぞれのお勧め品をご紹介します。

電池式の携帯型ウォシュレット

水を出すのに、電気ポンプの力を使うウォシュレット。ボタンを押すだけで水が出てくるので、普段使っているウォシュレットに一番近い形です。

長所:ボダンを押すだけで洗浄開始!特に準備もいりません!

短所:電池を使いますので、電池が切れると使う事が出来ません。また、電気製品なので、故障してしまう可能性も。。また、今回紹介する3種の中では一番高価です。

 

防災用として考えた場合、電池が必要というのはマイナスポイント。普段から携帯型ウォシュレットを使うよ!という方は電池式のウォシュレットという選択肢も良いと思います。(その場合は予備の電池のストックを忘れずに)

山猫お勧めの、電池式携帯ウォシュレットは、TOTO 【いつでもどこでも携帯できる】 携帯ウォシュレット グレー YEW4W3です。

やはり、ウォシュレットと言えばTOTOさん。単3電池1本で動作します。折りたたむと非常にコンパクトになりますし、収納ポーチもついていますので、普段から持ち歩きたい!とう方にはピッタリだと思います。ぱっと見、何か分からないデザインも良いですね!

加圧式(ポンプ式)の携帯型ウォシュレット

電池を使わないウォシュレットの第一弾は、加圧式(ポンプ式)のタイプ。加圧式というのは、事前にポンプ(もちろん本体に内蔵)を操作して、内部の圧力を高めておき、その圧力で水を押し出す方式です。

長所:ウォシュレットとして使う時は、ボタンを押すだけ!電池を使わないので、電池切れの心配はありません。

短所:使う前にポンプを動かして、内部の圧力を高める必要あり。また、最初は力強く水が出ますが、だんだん水圧が落ちてきます。価格は電池式に比べかなり安いです!

山猫お勧めの加圧式ウォシュレットは、電源不要 加圧式 ウォシュレット 携帯おしり洗浄機 ( ビデ トイレ シャワー ハンディトイレシャワー 非常用 おしり拭き 洗浄 ) ◇ シャワーウォッシュです。

電池を使わないので、防災用品として備蓄しておくのもよし。ポンプを押すのがめんどくさくないのなら普段使いでも問題ありません。

手動型ウォシュレット

最後に紹介するのが、手動式ウォシュレット。柔らかい素材のタンクの先にノズルが付いています。使い方は簡単。タンクに水を入れて、ノズルを付けて、タンク部分を手で握るだけ。タンクがつぶれて、ノズルから見ずが出てきます。

長所:構造は簡単。価格も安価です。

短所:ボトルを握りこんで水を出す方式なので、自分の思っている方向に水が出ない事も。。つかうのにはちょっと慣れが必要です。

山猫お勧めの、手動型ウォシュレットは、携帯用 ウォシュレット おしり洗浄器 手動タイプ 旅行 キャンプ オムツ 介護にも適用 容量450ml (ブルー)

極めて、簡単な作りなので、故障する確率は低い。価格もとても安いので、何本か準備しておくと安心です!

まとめ

今回は、3種類の製品を紹介しました。どれも一長一短。防災用の備蓄品として準備するのか、普段の生活でも使うのかで選択が変わってきます。

普段は、便利な電池式を使って、故障や電池切れの事を考えて、加圧式の物を防災用品の中に入れて置くという考え方も良いと思います。

以上今回は、災害時にも使いたい!携帯型のウォシュレットの紹介でした。

TOTO 【いつでもどこでも携帯できる】 携帯ウォシュレット グレー YEW4W3


電源不要 加圧式 ウォシュレット 携帯おしり洗浄機 ( ビデ トイレ シャワー ハンディトイレシャワー 非常用 おしり拭き 洗浄 ) ◇ シャワーウォッシュ


携帯用 ウォシュレット おしり洗浄器 手動タイプ 旅行 キャンプ オムツ 介護にも適用 容量450ml (ブルー)

最後までお読みいただきありがとうございました。
もしよろしければ、他のページもご覧ください。

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-長期避難に役立つ防災グッズ, 防災グッズ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家具の転倒防止

防災! 家具の転倒防止対策が難しい理由!

8月も後半。防災の日(9月1日)が近づいてきました。 災害への備えというのは、災害が起こらなければ必要ない物なので、どうしても後手後手にまわりがち。 毎年防災の日を迎えては、ちゃんとやらなきゃ!と思う …

アイマスクの画像

防災!非常用持出袋(防災セット)は自作がおすすめ!~Part6~ 防災セットを自作する【4】

非常用持出袋(防災セット)について考えるの6回目。 1回目の記事では、市販品の防災セットの中でお勧め出来るものを紹介しました。  山猫おソーラーの備えるブログ 防災!非常用持出袋( …

無線受信機イラスト

消防無線がデジタル化された今、広帯域無線受信機は役に立たないのか?

電波はどのように使われている? 災害時の情報収集ツールとして、山猫が最も重要と考えるのが「ラジオ」 今までも、防災用に適したラジオをいくつか紹介してきました。普通ラジオと言うと、FMやAMのラジオ放送 …

ウォーターサーバー

防災!水のローリングストックに向いたウォーターサーバー

前回の記事で、防災の必需品。「水」の備蓄を考えました。 水の備蓄をするのは、備蓄する量が多いので、なかなか大変です。4人家族が備蓄すべき水の量は、なんと84リットル。2リットル入りのペットボトル42本 …

避難のイメージ図

防災!災害時に自宅に帰るために必要なグッズをまとめてみた

本ブログでは、災害時の為の非常用品の備蓄についていろいろな記事をアップしてきました。  山猫おソーラーの備えるブログ ローリングストック 記事一覧http://luchs.fxpr …