山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

帰宅支援に役立つ防災グッズ 長期避難に役立つ防災グッズ 防災グッズ 電気関係の防災グッズ

防災! 震災時のろうそくの使用はとても危険!代わりに少量の水で光るLED電灯を備えるべし!

投稿日:2017年11月3日 更新日:

停電時の必須アイテム「ろうそく」。停電になったらろうそくを使えばいいや!と考えている方も多いと思います。

でも、仏壇や神棚を別にすると、普段から蝋燭をつかっている人は少ないですよね。最近は、停電が起こる事もまれになりましたし。

山猫も、ろうそくを使うのは花火の時くらい。。とても、取り扱いに慣れているとは言えません。

特に、大地震が起きて、余震が頻発している状況でろうそくを使うなんてめちゃくちゃ危険。普段でも火事を起こせば大変ですが、

地震の後は消防車が来てくれるかどうかも分からない状態。そんな中、部屋のあちこちに蝋燭を立てるなんて想像しただけでぞっとします。

もちろん、取り扱いに慣れていれば、火事を起こすこともないのでしょうが、普段ろうそくを使わない人は、災害時にも使わない方がよいと思います。

 

では、どうしたらよいのでしょうか???

1.LED式のランタンを準備しておく

本ブログでは、LED式のランタンを防災用品として準備しておくことをお勧めしています。

LED式ランタンは、火災の心配はありませんし、電池さえあれば使えますので、LED式ランタン+電池を備蓄しておくことを強くお勧めしています。

停電時の主力照明としては、高照度のLEDランタンは絶対便利!いくつか準備しておくことをお勧めするのですが、それだけだとちょっと足りないのです。

家族が多い場合は、各自が移動するときように一つ懐中電灯やランタンが必要。

ランタンが一つしかないと、困ってしまいますよね。かと言って、全員分のランタンや懐中電灯を準備するのも、もったいない気がします。予算に余裕があれば、ランタンをたくさん買って備蓄しておくというのも一つの考え方ではありますが、防災用品は他にもいろいろ必要となるわけで、照明だけたくさん準備する!というのもバランスが悪い。

そこで、登場するのが、災害時専用の使い捨てLED照明なのです。

2.少量の水があれば使える、使い捨てのLED照明を使う。

今回ご紹介するのは、極少量の水さえあれば1週間くらい光り続けるLED照明。

中には、少量の水を加える事で、電気を発生するタングステン合金の電池が入っているのです。この電池で発生した電気を使ってLED照明をつけるわけです。

必要な水は1ccですから、本当にちょっとした水。災害時は水は貴重品ですが、これくらいの水(しかも飲み水である必要はない)であれば、十分準備できます。

一回水につけると、乾くまで光り続けます。(1日くらい)水が乾いてくると、光が弱くなりますが、また水につけると復活します。こうして一週間くらいは使えるようです。

ただ、いつまでも使えるわけではなくて、一週間くらい経つと、内部の電池を完全に使い切ってしまってもう使えないという商品。

ただ、一週間あれば、電気が復旧する可能性も高いですし、どうしようもなければ避難所に移動する事も出来ます。とにかく、被災後の1~3日くらいの間使える事が最も重要

価格も安価ですし、湿気がない場所に保管すれば、かなりの長期保存が可能という防災向けの特徴もあります!

問題の明るさですが、最新のLEDランタンに比べれば、はるかに暗い。でも、部屋や廊下を照らすくらいであれば十分使えます。ロウソクよりは明るいですよ!

こんな便利な、使い捨てLED照明ですが、実はいくつかのメーカーから発売されています。

その中で山猫がお勧めするのが、


アース技研(EARTH GIKEN) 水で光る LEDライト ヒカルッチ君 ホワイト EL-01
です。

本体サイズは:幅3.8×奥行2.1×高さ7.7cmとかなりコンパクト。使い方は簡単、底の部分5mmくらいを水につけるだけ。

水につける時間は数秒です。水につけた直後はあまり光らないので「おや?」と思いますが、しばらくすると、明るくなってきます。

そのあと、一日以上光り続けて、暗くなったらまた水につけるというのを繰り返すだけ。

ロウソクと違ってとっても安全で明るい照明。本当に便利な商品です。

この商品。一つでも買えますが、お得な複数個セットがお勧め!

アース技研(EARTH GIKEN) 水で光る ヒカルッチ君 (5個セット) EL-01 ホワイト

価格がだいぶ安くなります。家族分準備するのをおすすめします。(もちろん、それ以上買っておいて、廊下やトイレなどに常備する!という使い方もよいと思います。)

以上、今回は、わずかな水で一週間発光する使い捨てLED照明の紹介でした。
最後までお読みくださりありがとうございました。
もしよろしければ、他のページもご覧ください。

~関連記事はこちら~

~記事まとめページはこちら~

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村


-帰宅支援に役立つ防災グッズ, 長期避難に役立つ防災グッズ, 防災グッズ, 電気関係の防災グッズ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

防災コラムイメージ画像

災害避難時の三種の神器まとめ!でも、もう一つ追加して4種の神器にしちゃいます。

災害避難時の3種の神器と呼ばれている物があります。 どれも、特別珍しい物ではなく普段の生活で毎日使うもの。でも、使い方を工夫すると、災害時に大活躍する優れものなのです。 本ブログでは、今までにこの三種 …

防災コラムイメージ画像

防災!避難生活を支える、オフグリッドソリューションまとめ!

本ブログでは、災害時に役に立つグッズをたくさん紹介してきました。 電気系の防災グッズも紹介してきたのですが、電気機器で大事なのは、継続して使う事が出来る事。 電力会社が供給する電力で充電する機器の場合 …

アイマスクの画像

防災!非常用持出袋(防災セット)は自作がおすすめ!~Part6~ 防災セットを自作する【4】

非常用持出袋(防災セット)について考えるの6回目。 1回目の記事では、市販品の防災セットの中でお勧め出来るものを紹介しました。  山猫おソーラーの備えるブログ 防災!非常用持出袋( …

無線受信機イラスト

消防無線がデジタル化された今、広帯域無線受信機は役に立たないのか?

電波はどのように使われている? 災害時の情報収集ツールとして、山猫が最も重要と考えるのが「ラジオ」 今までも、防災用に適したラジオをいくつか紹介してきました。普通ラジオと言うと、FMやAMのラジオ放送 …

ダンボールベッド!お住まいの自治体に、協定を結んでいるかどうか確認してみよう。

本日は、災害時のスタンダードになりつつあるダンボールベッドの話題です。 災害時の避難と言うと、学校の体育館の床に、毛布などをひいて雑魚寝という光景が思い浮かびます。 確かに一昔前はそれが当たり前でした …

ブログ内検索

アーカイブ