山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

帰宅支援に役立つ防災グッズ 防災グッズ

防災! 会社に置いておきたい、帰宅支援のためのランタンはこれ!

投稿日:2017年8月8日 更新日:

本ブログでは、これまでも災害時に使えるランタンの紹介をしてきました。

どちらも、防災用品として優秀なランタンですが、、

今回は、帰宅支援用として会社に置いておくランタンを考えてみます。

帰宅支援用に適したランタンとは?

ランタンと懐中電灯(ヘッドランプ)は、両方とも明かりを灯すという点では同じですが、使われ方は随分違います。

懐中電灯が、一カ所を明るく照らす(そこに何があるか光をあてて確認する)のに対し、ランタンは自分の周囲を満遍なく照らす機器です。

自分の周りが真っ暗だとそれだけで不安になりますよね。

ランタンは出来るだけ明るい物が良いのですが、明るい機器は大きく、電池も消耗しますから、帰宅支援用として会社に置いておくランタンはバランスが大事です。

選ぶポイントをあげると

・軽量・コンパクトである事(特に収納時にコンパクトになるもの)

・乾電池を使えたり、充電方法がいろいろ選べる事。

・防水である事

・十分な明るさがある事。

これらの条件を満たすランタンの中で、山猫がお勧めするのが、suaoki 3WAY高輝度LEDランタン ソーラーライト 懐中電灯 電池不要 USB充電 アウトドアや災害時の備えに オレンジです。

照明部分が蛇腹になっていて、普段はコンパクトに収納しておくことが出来ます。ソーラーパネルで充電できるタイプなので、普段は、会社の机の上においておけば自然と充電できてしまう優れものです。

内蔵電池の充電は、ソーラーだけでなく、USB経由でも可能なので、PCや、モバイルバッテリーから充電する事も可能。もちろん防水構造なので、帰宅途中に雨にあっても大丈夫。

蛇腹を閉じると、懐中電灯としても使用できるので、ヘッドランプが使えなくなった時の予備の照明としても活用できる。いろいろ出来るランタンです。

寸法は、蛇腹を閉じた状態で、98mm×96mm×55mm とてもコンパクトになるので、会社のデスクにおいても邪魔になりません。

災害用としてはもちろんですが、日々のレジャーや車載用のランタンとしても使いやすいと思います。

suaoki 3WAY高輝度LEDランタン ソーラーライト 懐中電灯 電池不要 USB充電 アウトドアや災害時の備えに オレンジ

以上、今回は、災害時、特に帰宅支援に適したランタンの紹介でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。
もしよろしければ、他のページもご覧ください。

~関連記事はこちら~

~記事まとめページはこちら~

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-帰宅支援に役立つ防災グッズ, 防災グッズ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポリ袋のイラスト

防災! ポリ袋(ビニール袋)は災害時の必需品。色々なサイズを多めに備蓄しておきましょう

今更説明の必要もないくらい、あなたの生活になくてはならないのが、「ポリ袋」一般的にはビニール袋と呼ばれていますが、実は今流通しているスーパーの袋やごみ袋はビニール袋ではありません。この場合のビニールと …

騒音を気にする女性

防災! 避難所での必需品【耳栓】の選び方!シリコン粘土の耳栓は耳が痛くならなくていいですよ!

今回は耳栓の話。沢山の人が集まる災害時の避難所。大きな地震が来た後は入りきらないくらいギュウギュウ詰めになる事もしばしば。。 こんな人が沢山いる状態での必需品が【耳栓】です。 避難所の環境は様々ですが …

懐中電灯イラスト

防災!枕元や、カバンに常備する懐中電灯ならコンパクトで使いやすい「DM-031B」がおすすめ!

災害時の必需品といえば懐中電灯。本ブログでも過去に何回か懐中電灯の記事をアップしてきました。  山猫おソーラーの備えるブログ 防災の必需品!実際に役に立つ懐中電灯を選ぶhttp:/ …

エコノミークラス症候群

防災! 災害避難時の車中泊はあり?なし? エコノミークラス症候群が心配と言うけれど。。

地震などの災害時に、避難所でもなく、自宅でもなく、自家用車に寝泊まりする。それが車中泊ですね。災害時、多くの人が車中泊を選択しています。 でも、災害が起こると必ず話題になるのが、「エコノミークラス症候 …

バールの画像

防災! 災害時の救助作業には、長尺バールが便利!一人でも600kg以上の瓦礫を持ち上げる事が出来る!

バールという名前を聞いたことのある人は多いはず。先が曲がった巨大なくぎ抜きのような道具ですね。 見た事はあるけれど、持ってはいないという人の方が多いのでは?普段の生活ではあまり使わないですからね。 た …