山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

長期避難に役立つ防災グッズ 防災グッズ 電気関係の防災グッズ

あなたは災害時、何で情報を得ますか?災害時の情報収集の最強ツール

投稿日:2017年7月5日 更新日:

あらゆる災害で、大事なのは情報収集です。災害の現場はなかなか情報が入ってきません(一番情報が必要な人たちなのに。。。)

 

あなたは、災害時に、何で情報を得ますか?

最近は、スマホで情報収集という事も出来ます。っていうかスマホの能力はかなり高い。回線さえ生きていれば、ニュースなどで情報を得るばかりではなく、ツイッターなどのSNSで情報を発信する事も可能です。

東日本大震災でも、熊本地震でもスマホ+SNSの組み合わせは大活躍しました

という事で、災害時の情報収集ツールはスマホで決まりです!!!

今回はこれで終了かな?????

 

ちょっと待ってください!

 

確かに、スマホは強力なツールですが、弱点もあります

電波が入らないと、情報収集も発信もできません。そして、電池がすぐになくなります。この電池問題は、被災地のように、携帯の電波が不安定な場所では、顕著になります。遠くの携帯基地局と頑張って接続しようとして、携帯は、最大限電波の出力を上げ、結果として電池があっという間になくなるという事が起こってしまいます。

スマホは、メールや電話で外部とやり取りをするという重要な機能がありますので、電池をなるべく長持ちさせるために、情報収集は他の機器でやりたいですね!

実際に、東日本や熊本で役にたった情報ツールは、なんだったのでしょうか?

その時被害にあわれた方に取材をすると、

「情報収集はラジオが役に立った。手回し発電機タイプはしっかり充電するのが意外と大変。電池の長持ちする普通のラジオが一番便利だった」

という声をよく聞きました。

手回し発電機で、ラジオ、照明がついている機械は確かに便利なのですが、なんでも出来るのが、よいとは限らないという事なのかも。

 

どんなラジオが良いのか?

携帯型ラジオイラスト

ラジオはいろいろな物が売られています。安いものから高い物。音質の良い物からそれほど音質が良くない物。家庭用の100Vで動く物や乾電池で動くもの。

いろいろな種類がありますね。では、これらのラジオの中から、どんな製品が防災向けなのか考えました。

いろいろな方の意見をまとめると選ぶポイントは以下のようになりました。

・電池で動く事(単三電池が望ましい。エネループなどニッケル水素電池で動く事も重要)

・小型で軽量な事

・AM / FMが聞ける事

・電池が長持ちする事

・ほどほどの音質である事。(もちろん音質が高い方がよいが、十分聞けるレベルであればOK)

以上の条件を考えていろいろ調べた結果、山猫が選んだラジオがSONY FM/AMハンディーポータブルラジオ ICF-9です。

ソニー携帯型ラジオICF-9前

もう、なんというかラジオです!AMとFMがきけますがそれ以外に機能はありません。チューニングはダイヤルをぐりぐり回すマニュアル式。

ちなみに、上と後ろはこんな感じです。

ソニーICF-9 上

ソニーICF-9 裏

電池は、単三電池2本。超シンプルですね!

このラジオの特徴は、単三電池(アルカリ電池)2本で、100時間以上の視聴時間!この長寿命は大きなアドバンテージです!

しかも一台1500円くらいととっても安価。

音質は、すごく良いとは言えませんが、このボディから考えれば十分な音質です。そして、大事なのが感度。ラジオにとって、ラジオ電波の受信性能は、とっても大事。

この機種の感度は、この価格帯のラジオとしてはとても優秀だと思います。よく電波を拾います。

横置きであるため、本体の安定性がよく、どこでも置いとける点もよい点。

山猫のお勧めです。

SONY FM/AMハンディーポータブルラジオ ICF-9

ただ、この製品は、メーカーHPでは生産終了となっています。まだ販売店には残っているようですが、そのうち姿を消す事になりそうです。

同じソニーから、似たような性能のラジオが売られています。

ソニー SONY ハンディーポータブルラジオ ICF-P36 : FM/AM/ワイドFM対応 横置き型 ブラック ICF-P36 B

こちらの製品は、山猫は使ったことはないのですが、ICF-9の高性能を考えれば、こちらの製品も間違いないのでは?と思います。電池の持ち時間も変わりませんし、スタイルはこちらの方が洗練されていますね!ネットでの評判も良いようですので、今後購入するのなら、ソニー SONY ハンディーポータブルラジオ ICF-P36 : FM/AM/ワイドFM対応 横置き型 ブラック ICF-P36 Bが良いと思います?

100時間使えるという事は、1日10時間聞き続けても、10日持つという事。これだけ持てば安心です!

以上、今回は災害時に役にたつラジオの紹介でした。

次回をお楽しみに!

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-長期避難に役立つ防災グッズ, 防災グッズ, 電気関係の防災グッズ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

机の下に避難する女性

震災シェルターなる物が売れているらしい。条件を満たせば一般家庭でも補助金が!

地震の時困るのが、家屋の倒壊。阪神淡路でも東日本でも熊本でも日本各地で地震が起きるたびに、たくさんの家屋が倒壊してきました。 特に目立ったのが2階建ての木造住宅の1階部分がつぶれる壊れ方。 あなたも、 …

安全靴イメージ

防災!足を守る靴。安全靴を普段履きにするという選択

安全靴ってどんな靴? 安全靴という名前の靴があります。名前だけは聞いたことがある!という方も多いのでは? 靴のつま先の部分に鉄や樹脂で出来た保護パーツが付いている靴ですね。もっともケガをしやすい足の指 …

ライフジャケットのイメージ

防災! 普段は椅子用クッションになるライフジャケット「浮クッション」は津波や洪水の役にたつのか?

山猫は津波が嫌い。(好きな人はいないと思いますが。。)いくら地震に耐える事ができても津波にのまれてしまえば木造の家屋はひとたまりもありません。 巨大な津波が押し寄せた東日本大震災は、スマホが普及した初 …

無線受信機イラスト

消防無線がデジタル化された今、広帯域無線受信機は役に立たないのか?

電波はどのように使われている? 災害時の情報収集ツールとして、山猫が最も重要と考えるのが「ラジオ」 今までも、防災用に適したラジオをいくつか紹介してきました。普通ラジオと言うと、FMやAMのラジオ放送 …

キャンドルのイメージ

防災!非常用持出袋(防災セット)は自作がおすすめ!~Part8~ 防災セットを自作する【6】

非常用持出袋(防災セット)について考えるの8回目。 1回目の記事では、市販品の防災セットの中でお勧め出来るものを紹介しました。  山猫おソーラーの備えるブログ 防災!非常用持出袋( …

ブログ内検索

アーカイブ