山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

防災コラム

防災!洪水の危険を察知する。全国の河川の水位を調べられるサイトがあった!

投稿日:

台風21号が、東海、関東に向かってきています。

超大型で、非常に強い台風が関東に上陸した例は今までに無いらしい。。

このまま進むと、大変な被害が出る恐れがあります。

今回の台風は、雨、風ともに強いのですが、山猫は雨が心配。台風の雲が来る前に、秋雨前線の動きが活発になっていて、既にかなりの雨量が観測されています。

これだけ雨が降った後に台風の嵐が来る。怖すぎですね。。

さて、台風に限らず大雨で怖いのは河川の決壊や、越水(水が堤防を越えてくる事)。しかし、自分が住んでいる地域の河川の水位を知るのは簡単ではありません。

何といっても、大雨が降っている最中です。川の様子を見に行く事自体とても危険な事ですからね。出来れば家の外にも出たくない!そんな状況のはずです。

そんな時に役に立つのが、各河川に設置されている水位計。この水位計の値をネットでリアルタイムに見る事が出来るのです!

ほんとに便利な時代になりました。

全国の河川の水位をリアルタイムに見る事が出来るサイト

国土交通省が公開している、川の防災情報のサイトです。

使い方は簡単。自分が調べたい地域を選んでいくだけで、設置してある水位計が地図に表示されるのです。

例えば、山猫が住んでいる静岡県を選択してみましょう。

※画像はすべて国土交通省 川の防災情報からの引用です。

川の防災情報スクリーンショット1

次に、静岡県をクリック

静岡県をクリック

静岡県の水位計一覧が出ました。ついでに現在の県内の降雨状況も確認できます。

静岡県、雨量の状況

この画面だけでも危ない河川が分かります。上の図では、ほとんどの水位計が水色を指しています。とりあえず水位計が水色であれば余裕があります。(河川によっては急激に水位が変化するものもあるので安心は出来ないのですが。。)さらに、自分が見たい水位計を選ぶのですが、これはちょっと難しい。とりあえずこれかな?という水位計にカーソルを合わせてみましょう。

水位計を選ぶ

水位計のマークにマウスカーソルを合わせると、横に地名が出てきます。どこだこれ?という場合も多いので、事前に自分の近くの水位計の場所を調べておくとよいですね!でもわからなくてもだいたいの地名が分かっていれば十分参考になります。

ここでは、安倍川水系の「手越」を選んでみましょう。

手越水位の例(安倍川)

かなり細かい画面に切り替わります。川の断面図と、現在の水位が表示されています。この図には、どのくらいの水位になると危険なのかも表示されているので、現在の危険度がすぐにわかりますね。そして、水位がどのくらい変化してきたのか?という情報も見る事が出来ます。

画面の切り替えは、画面上の方にある「タブ」

「水位観測所付近の川の断面図」と「河川の水位の時間変化」を切り替える事で、最近の河川の水位の変化を見る事が出来ます。

水位の時間変化の図

水位の変化は、図中に青線で示されています。このブログを書いている時は、まだ安倍川の水位の変化は大きくないので、画面下の方をウロウロしていますが、水位が上がってくると、この青線が盛り上がっていきます。時間軸で見ると、水位が上がりつつあるのか、ピークを越して下がり始めているかが分かります。(もちろん雨量が増えれば、再度水位が上がる可能性もあるのですが。。)

この、水位計の情報を定期的に見れば、自分がいる場所がどの程度危険なのかを知る事が出来ます。

何も知らない状態でいきなり、家の中に水が押し寄せてきたらパニックですよね!

ただ、小さい河川は、水位が急に上がる傾向があるので注意が必要。危ないな!と感じたら早めの対策を!

今回は川の防災情報のサイトの紹介でした!

2017年10月22日 PM16:30現在の情報

今回ご紹介した川の防災情報のサイトがかなり重くなっています。多分アクセス集中の為かと。。必要の時に情報が取れないのは痛いですね。もうちょっと余裕のあるサーバーを使ってほしい物です。

危険な河川の情報や、台風情報、警報の発令情報などがまとまっている気象庁のサイトもお勧めです。

こちらは今の所、普通にアクセスできます。河川の細かい水位までは分かりませんが、危険な河川の情報は出ていますので、川の防災情報のサイトにアクセスできない場合はこちらを試してみると良いと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。
もしよろしければ他の記事もご覧ください。
防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村


-防災コラム
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

AEDのイメージ

目の前で人が倒れたら!!心肺蘇生の仕方やAEDの使い方、あなたは知っていますか?

最近、街中のあちこちで見る「AED」という物。どうやら、人を助ける為に使う機械らしいのですが。。。 山猫は前々からすごーく気になっていたのだけど、一体何に使うものなのか?どんな時に使うのか? まったく …

家具の転倒防止

防災! 家具の転倒防止対策が難しい理由!

8月も後半。防災の日(9月1日)が近づいてきました。 災害への備えというのは、災害が起こらなければ必要ない物なので、どうしても後手後手にまわりがち。 毎年防災の日を迎えては、ちゃんとやらなきゃ!と思う …

寝袋

防災に適した寝袋はどれだ?

前回の記事では、ダンボールベッドについてかきました。 ダンボールベッド!お住まいの自治体に、協定を結んでいるかどうか確認してみよう。  山猫おソーラーの備えるブログ  7&nbsp …

ダンボールベッド!お住まいの自治体に、協定を結んでいるかどうか確認してみよう。

本日は、災害時のスタンダードになりつつあるダンボールベッドの話題です。 災害時の避難と言うと、学校の体育館の床に、毛布などをひいて雑魚寝という光景が思い浮かびます。 確かに一昔前はそれが当たり前でした …

浦安1945年~1955年

あなたの住んでいる所は大丈夫?「液状化現象」が起こりやすい場所かどうかを確認する方法。

大地震が起こるたびに話題になる「液状化」という現象。この現象が最初に注目を集めたのが1964年に発生した新潟地震 マンションが横倒しになった写真を教科書で見た方も多いのでは?その後阪神淡路大震災でも大 …

ブログ内検索

アーカイブ