台風!水害で役にたつ「土嚢」や、家庭にあるもので作る「簡易水嚢」の作り方!

土嚢のイメージ その他の防災グッズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2020年7月9日です。)

この記事では・・・

洪水時の水の侵入防止に欠かせない「土嚢」の入手方法や、

「土嚢」が手に入らない時に使える「水嚢」の作り方について解説するね!

水害の時に絶対必要な物の一つが「土嚢」ですよね!水をせき止める時には土嚢が役に立ちます。

土嚢のイメージ

ただ、普通の土嚢は準備するのが大変!
土嚢袋はホームセンターにも売っているのですが、中に土を詰めるのは大変なのです。

というか、それだけの土を確保するのは大変ですよね。

でも実は、水だけで膨らむ便利な「土嚢」があるのです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

水で膨らむ土嚢袋

 


吸救袋 (きゅうきゅうたい) 10袋セット 水で膨らむ 吸水土のう 破れない 滑らない 丈夫 麻袋 コスパ重視の設計


緊急災害補助用品 水で膨らむ 吸水性土嚢 ダッシュバッグ 10袋入り×5パック 50枚

水を含ませて3分くらい待てば、立派な土嚢の出来上がり。
これは本当に便利です!

いくつ土嚢を準備すべきかは、家の構造や、どの程度の水の高さに対応しなければいけないかによります。。
商店など開口部が低くて広い場合は、間口の広さに応じて、土嚢袋を準備しておくとよいと思います!

土嚢がない場合はどうするか?

土嚢があればよいのですが、一般家庭で土嚢を準備している家は少ないですよね。。

水害が発生して、家の周りに水があふれてきたとき、とりあえず水をせき止めたい!そんな時に役に立つのが、

「簡易水嚢」です。

子ども猫
子ども猫

水で水を防げるのかな??

作り方は簡単。

ごみ袋(45リットル)を2枚重ねにして、半分くらいまで水を入れ、しっかりと結ぶだけ

この水嚢を並べるだけで、水の侵入を防ぐ事が出来るのです。

ゴミ袋がなかったら、スーパーのポリ袋でも大丈夫(ちょっと小さいですが。。)隙間がないようにキッチリと並べていきましょう。

さらに頑丈にするには

段ボール箱がたくさんある場合は、段ボール箱をならべて、その中に水嚢を入れる事で、ただ水嚢を並べるだけより頑丈な壁が出来上がります。

水嚢だけだと積み上げる事は難しいのですが、段ボールと組み合わせる事で、高さを出す事が出来ます。

 

ただ、この水嚢は、あくまでも緊急用。土嚢と比べると弱いのは否めません。

山猫
山猫

当たり前だけど、水嚢の重さは、流れている水とほぼ同じ。。

つまり、積んである水嚢の高さぐらいまで水が来ると、流されてしまうのだ。。

土嚢よりも、重さが無い分弱いって事を覚えておいた方がいいね!

土嚢や、水嚢を準備・使用する事は大事な事ですが、早めの避難はもっと重要。
ラジオやテレビ、ネットなどで情報を早めに収集して、危険だと感じたら安全な場所に避難する事が大事です!

以上、今回は大雨接近のニュースに慌てている山猫の、水害時に役立つ土嚢、水嚢の紹介記事でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

もしよろしければ他の記事もご覧ください。
防災コラム記事一覧

防災コラム 記事一覧
防災に役に立つ話、防災関連のプロジェクトの話題など。 防災コラムの記事一覧 1.見ておくべき!あなたの街のハザードマップ。 災害発生時に慌てないために! 2.本ブログは 津波防災普及啓発プロジェクト「#beORANGE」を...

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

災害時に役に立つ防災グッズ
災害時に役に立つ防災グッズのまとめページです。 電気関係の防災グッズ 災害や停電時でも、電気は必要。情報や連絡を取るには、ラジオやスマホが必要だし、真っ暗闇では避難もできません。災害時でも役に立つ防災グッズの紹介ページのまとめです。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました