山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

帰宅支援に役立つ防災グッズ 防災グッズ 防災コラム

防災!災害時に家に帰るには!帰宅支援グッズを考える

投稿日:2017年8月4日 更新日:

東日本大震災の時、私は東京の会社に勤めていました。会社は自宅から徒歩10分。とても近い場所にあったのですが、

あの日は、あいにく都心に出張。。。自宅から30kmくらい離れた場所にいたのです。。

午後2時46分の地震の後、全ての電車が止まってからも、「まあ数時間したら復旧するだろ」と甘く見ていたのですが、
現実はご存知のとおり。JRの駅は早々とシャッターを下ろして入ることさえ出来ない状況。私鉄ももちろんダメ。
余震は頻繁に襲ってくるし、

これは、まずい!という事に気がついたのは、日が暮れてからでした。(遅いよ!!)

この場所から自宅まで帰ると朝になってしまうと考えた私は、5kmくらい離れた場所にある知人の家に行く事にしました。
電話は繋がらず(そして携帯の電池は切れた。。)行ってどうなるかは全く分からない状態でしたがとりあえず歩くことに。

その時の人の波はすごいものでした。幹線道路を埋め尽くす人、人、人。。

はっきり言って、都心は地震の被害自体は東北に比べればたいしたことはなかった。かなり揺れはしましたが、ビルがあちこちで倒壊する事も、そこらじゅうで火事が起こることもありませんでした。

でも、そんな状況なのに、道は徒歩で帰宅しようとしている人で溢れかえっている。大混乱でした
もし、東京直下で大地震が起きたらどうなるのだろう?
心配になった方も多いのではないでしょうか?

あの時の都心は、信号もついていたし、街灯もついていたと思います。直下型の大地震がきたら、停電にもなるだろうし、道は瓦礫の山になるはず。そんな中、徒歩で帰宅するか、避難所に行かなくてはならないのです。

考えただけでぞっとしますね。

帰宅支援グッズを会社に置いておく。

日々、出張の方は難しいと思いますが、大多数の会社員の方は、昼間は会社にいることが多いと思います。
会社に、震災時の帰宅支援グッズを置いておくのはとても重要な事ですね!

ただ、問題は避難グッズのおき場所。ロッカーがあれば、ロッカーに入れておけばよいと考えがちですが、地震の後にロッカーにたどり着けるかは微妙です。ロッカーが倒れたり歪んだりして、中の物が取り出せなくなる可能性もある。

出来れば、自分のデスクの近くに置いておきたいところですが、避難グッズを置いておくスペースを確保するのはなかなか大変なことですよね!

コンパクトな帰宅支援グッズがあった!

調べてみたら、会社のデスク周りに置くのにぴったりな帰宅支援グッズセットがありました。

文房具で有名なキングジムが発売している、キングジム 災害帰宅セット KTS-100です。

サイズは、A4ファイル(キングジムのドッチファイル)と同じ大きさ。これなら、机の上や、引き出し、本棚に並べておくことが出来ます。
なんせサイズが、普段仕事で使っているA4ファイルと同じ大きさなのですから、並べておいても違和感がありません。

キングジム 災害帰宅セット KTS-100

中に入っているのは、、

1,備蓄用保存水(500ml) 2本

2,セーフティ・ライト 1本

3,ウィルス不活性マスク 1枚

4,非常用簡易トイレ(便袋)1枚

5,滑り止め付き軍手 1双

6,エマージェンシーシート 1枚

7,プレーンクッキー 1袋

8,コインティッシュ 4個

9,ポケットティッシュ 2個

10,ナップサック 1枚

品質保持期限 4年

これだけでは、不足もあるかもしれませんが、一通りの物がそろっています。なにも準備していないよりは、安心度が全く違うと感じました。

次回は、帰宅時に絶対必要となる、地図について書きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
もしよろしければ、他のページもご覧ください。

~関連記事はこちら~

~記事まとめページはこちら~

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-帰宅支援に役立つ防災グッズ, 防災グッズ, 防災コラム
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

pioma非常灯全景

災害や停電の時用の必需品!地震や停電の時に自動点灯する非常灯

災害、停電時の必需品!停電になると自動的に点灯するライト 地震の時や、停電の時は突然、真っ暗闇になります。地震の時は部屋がぐちゃぐちゃになっているかも。そんな暗闇の中で懐中電灯を探すのは大変ですよね。 …

放射線

放射線測定器を防災グッズに追加するべき。

今日は放射線測定器について。 東日本大震災が起こるまでは、防災グッズに放射線測定器を入れるなんて考えもしませんでした。 なぜ、防災グッズに放射線測定器が必要なのか? 皆さんご存知の通り、東日本大震災が …

布団で寝る女性

防災!寝る時に、枕元に置くべき防災グッズまとめ

本ブログでは、寝る時に枕元に置くべき防災グッズの記事をいくつか紹介してきました。 今回の記事は、枕元に置くべき防災グッズのまとめ記事になります。 就寝中に地震が起きたら。。。あまり考えたくない事ですが …

カセットコンロ

災害時に役に立つカセットコンロ。普通のカセットコンロの弱点

九州では大雨が続いています。普段、考えられない場所に水が出ています なんとか、早く雨が止んで水が引いて欲しいのですが。。。被災されている方が 早く元の生活に戻れるようお祈りせずにはいられません。 雨雲 …

ソーラーパネル付き照明_パネル側

災害や停電の時用の必需品!薄型、軽量、高性能なソーラーパネル付きの照明器具

災害や停電の時はあたりは真っ暗です。 都会に住んでいると、漆黒の闇というのはあまり経験がありません。真っ暗だなあと思っていても実は遠くの照明の明かりでほのかに明るいのです。真っ暗だけどなんとなく周りに …