ペットの防災!忘れがちな猫用のハーネスとリード。普段から慣れさせておくことも重要ですよ!

ペットの防災対策

こんにちは!山猫おソーラーの備えるブログ 管理人の山猫です。(@yamaneko_solar

今回はペットの防災。

災害が起こった時に困るのは人間だけではなくて、

飼っているペットも大変なの!

このブログでは、過去にもペットの防災に関する記事をいくつか書いてきました。

今回は、主に「猫」の話題です。

~結論を簡単に~

・普段、ハーネスやリードをつけない猫も、災害が起こった時は必要になる可能性が高いです。
・特に、家が被災して、屋外や避難所に移動しなければいけない時は、ハーネスとリードが絶対必要。
・災害が発生した後にいきなりハーネスを付けると、猫がびっくりしちゃうので、定期的にハーネスとリードをつけてお散歩を・・・(最初は嫌がるはず。。)
・猫は体が柔らかいので、猫専用のハーネスをつけてね!

猫用ハーネスで山猫がおすすめするのがこれ


猫 猫用 ハーネス 胴輪 猫具 ねこ ネコ 子猫 子犬 小型犬 散歩 お出かけ 抜けない ベスト ソフト胸あて 軽量 頭を通さずマジックテープで装着 サイズ調節可 夜反射 通気メッシュ リード付き(S, ブラック)

スポンサーリンク

災害が発生したら、猫がどこかに行かないように気をつけないと!

人間よりも敏感な「猫」は、地震が起こるとそれだけで大パニック。。極度の緊張状態になってしまいます。

そんな時は、専用のケージに入れておくのが良いのですが、、ずっと狭いケージに入れっぱなしにできないケースもありますよね。。

でも、リードなしで外に出してしまったら、どこかに逃げていってしまうかもしれません。
(パニックになっている可能性が高いですからね。。)

そんな時の為に、猫用のハーネスと、リードを準備しておく必要があるのです。

猫は体が柔らかい。いつの間にかハーネスから脱出しているかも。

子ども猫
子ども猫

基本的に猫はハーネスが嫌いだよ!

山猫
山猫

特に慣れていない時はすごく嫌がるね。

ハーネスを付けたつもりでもいつの間にか抜け出している事もあるしね。。

どうやって抜けるのか分からないのですが、とにかく猫は体が柔らかい。

山猫家には何匹か猫がいるのですが、、、ハーネスを付けてもいつの間にか、抜け出して普通に歩いている疋田天功みたいな猫もいます。。。

勝手に抜け出ちゃうと困っちゃうわね。。

ただ、猫用ハーネスはいろいろな形が準備されているので・・・いろいろ試してみるしかないですね。。

山猫家でおすすめするのはこのハーネスとリードのセット

いろいろなハーネスを試してみて、なかなか結果が良好だったのがこのハーネス。


猫 猫用 ハーネス 胴輪 猫具 ねこ ネコ 子猫 子犬 小型犬 散歩 お出かけ 抜けない ベスト ソフト胸あて 軽量 頭を通さずマジックテープで装着 サイズ調節可 夜反射 通気メッシュ リード付き(S, ブラック)


簡単に猫が脱出出来ない様に工夫されています!

子ども猫
子ども猫

もちろん猫によっては、脱出しちゃうかもしれないけれど、

このハーネスはなかなか良く出来ているよ!

 

ハーネスに慣れていない猫は、固まって動かなくなっちゃいます。

実は猫の毛には、神経毛といって、センサーのように働く毛があるのですが、ハーネスを付けると、この神経毛が緊張状態になって、動けなくなってしまう猫がいるのです。(特に子猫)

災害が起こってから、初めてハーネスをつけるという事をすると・・・
ただでさえいつもと違って困っているのに、さらに変な物を被せられて・・・猫はパニックになってしまうかも。。

という事で、普段からハーネスとリードを付けて散歩をするなど、猫を慣れさせておく必要があるのです。

まとめ

今回は、災害が起こった時用に猫用のハーネスとリードが必要と言う話をしました。

猫用ハーネスとリードは、普段の練習用と、防災グッズにしまっておくようの2セットを準備することをおすすめします。

子ども猫
子ども猫

ハーネスはサイズが違うと、きつかったり、抜け出しやすくなっちゃったりするから、同じ製品の同じサイズを二つ準備しておくのがおすすめだよ!

山猫
山猫

ちなみに、犬の場合は、日々の散歩があるから、ハーネスやリードは準備してあることが多いと思う。

災害時に紛失してしまう事も考えて予備を準備しておくことをおすすめするよ!

以上最後までお読みいただきありがとうございました!

~今回ご紹介した商品はこちら~

最後までお読みいただきありがとうございました!

~合わせて読みたい~

ペットの防災対策!大きなゲージと小さなゲージを準備しておきましょう!
今回は「ペットの防災対策」。人間の防災対策に比べて忘れがちなのがペットの防災対策。。でも、災害が起こって困るのは人間だけではないのです。この記事では、災害が発生した時にペットを安全に運ぶためのキャリーや、折り畳み式のペットゲージをご紹介します。
ペットの防災対策!ペットフードは最低1週間の備蓄を
ペットの防災。ペット用の非常食をどうすれば良いか?というテーマです。災害が起こった時、ペット用の食事(ペットフード)を手に入れるのはかなり難しい。。もしかしたら人間用の食糧を手に入れるよりも難しい可能性もあるのです。この記事では、どのくらいの量のペットフードを備蓄すれば良いか?出来るだけ簡単に備蓄を行うにはどうすれば良いかを解説します。
ペットの防災対策!ペットシーツや猫砂もローリングストックで在庫を確保!
ペットの防災対策。3回目は、「トイレ」の話。ペット用の非常食を備蓄しておくのが気が付くのですが、トイレ用の猫砂やペットシーツを備蓄しておかなきゃと思っている人はかなり少ない。。。 どうしても食べる方に目が行ってしまいますが、災害が発生した時の衛生管理はとっても重要!この記事では、ローリングストック法を使った、ペットシーツや、猫砂の備蓄方法を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました