ペットの防災対策!ペットフードは最低1週間の備蓄を

ペットの防災対策
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫おソーラーの備えるブログ 管理人の山猫です。(@yamaneko_solar

この記事は・・・

猫や犬を飼っている人に是非読んで欲しい記事だよ!

この記事を書いている山猫家には2匹の猫がいます。

山猫
山猫

二匹ともとっても可愛いのだ!

さて、ペットのご飯と言えば、キャットフードとかドックフードを準備するのが一般的ですよね!

山猫
山猫

人間のご飯の残りを上げてた時代もあるけれど、、ペットの健康を考えると、ペットフードがいいのだ。。

この記事の内容をまとめると・・・

・地震などの災害が起こった時、ペットフードはなかなか手に入りません!
・最低1週間分のペットフードを備蓄しておこう!
・ペットフードの備蓄はローリングストック法がおすすめ

では詳しく解説していきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

災害時:人間の食べ物よりも手に入りにくいペットフード

地震などの災害が発生した時のために、(人間用の)食料や水を備蓄している人多いと思います。

最低3日分とか、出来れば1週間分とか備蓄してね!って言われていますよね。

これは、大きな災害が起こってから、非常用の食糧や水が被災地に届けられるまでにかなり時間が掛かるからなのです。

災害が発生してからしばらくすると、非常用の物資が届けられるようになるのですが、、、実はペットフードは、なかなか手に入らない可能性があるのです。

山猫
山猫

やっぱり、優先されるのは、人間用の食べ物であったり、生活物資であったりするのだ。。

もちろん、全く入ってこないわけではないのですが・・・

山猫
山猫

手に入ったとしても、普段、ペットに食べさせている銘柄がもらえる確率はめちゃくちゃ低いのだ。

子ども猫
子ども猫

地震などが発生すると、ペットもすごいストレスを受けるから、

ご飯ぐらいは、今までと同じ物を食べさせてあげたいよね。。

地震などの災害が発生した場合、ペットのご飯の確保はとても難しいのです。

 

最低1週間分の備蓄を!

災害が発生して、ある程度、物流が落ち着いてくるまでにはかなり時間が掛かります。(災害の規模にもよりますが。。)

しかも、ある意味、ペットフードは人間よりも難しい。ペットフードの銘柄はものすごい種類がありますよね。。しかも、ペットの年齢によって食べられるものと食べられない物があります。

つまり・・・

山猫
山猫

人間よりも多くのペットフードを備蓄する必要があるのだ!

幸い、ペットフードは、缶詰とかドライ(カリカリ)とか、そのまま食べられて、しかも保存がきく物が中心。非常食の備蓄がやりやすいのです。

どのくらい備蓄しておけば良いかは、災害の規模や住んでいる地域によって異なるのですが、、、

山猫
山猫

このブログでは、「最低1週間」の備蓄をおすすめしているよ!

 

ペットフードの備蓄はローリングストック法がおすすめ!

山猫のブログでおすすめしている非常食の備蓄方法が「ローリングストック法」

ローリングストック法の詳細は↓この記事↓にかいてあるので、ローリングストック法ってなんだ???という方は、↓の記事を先に読むことをおすすめします。

山猫
山猫

簡単に説明すると・・・

いつもある程度の在庫を持っておいて、

一番古い物から使って、使った分新しいのを買って補充するという備蓄方法なんだ。

従来の非常食の備蓄と言えば、長期保存できる非常食を買ってきて、箱に詰めて保管というスタイルだったのですが、この備蓄方法には大きな弱点があるのです。

それは・・・

・どんなに賞味期限が長い非常食でも、いつか期限が来てしまう。
・長期保存できる非常食は、普段食べている食事よりも味が劣ってしまう(場合が多い)
・そもそもペットフードに長期間保管できる物は少ない。

従来の非常食の備蓄の弱点を克服したのが、「ローリングストック法」なのです。

ローリングストック法のメリット

・備蓄してある食べ物は定期的に消費されて、新しい物に入れ替わる。
・長期保存が出来る専用の非常食を買ってくる必要がない。

ローリングストック法のデメリット

・在庫管理がめんどくさい。
子ども猫
子ども猫

ちょっと投げやりな感じになったね。

山猫
山猫

特に、食べちゃった分を補充するのがめんどくさい。でも補充を忘れると、在庫がどんどん減って、数が足りなくなっちゃうのだ。。

ローリングストック法の弱点は、保管してある在庫の量をいつも気にしておかなくてはいけない事。

そして消費した数を数えて、新しいのを買ってきて補充する。

山猫
山猫

ちょっとめんどくさいと思うよね。。

でも、ちょっと考え方を変えれば大丈夫!今は良いサービスが出ているのです。

アマゾンの定期購入を利用して、ローリングストックする!

Step1 : 必要なペットフードの個数を計算しよう!

山猫
山猫

えーと。うちの場合は

2匹の猫が

1日に3缶のキャットフードを食べるよ

という事は1週間分のキャットフードは・・・

2匹×3缶×7日= 42缶

子ども猫
子ども猫

結構食べてるね!

山猫
山猫

普段は、乾燥タイプの餌を食べたりしているけど、缶だけって考えるとこれぐらいかな。

Step2: ペットフードの保管計画を立てる

缶入りのペットフードの消費期限は、1年~2年の製品が多いのですが、別に早く食べてしまっても問題ないので・・・こんな非常食保管計画を立てました!

保管個数:48缶
1か月に補充する缶の個数:24缶

~やり方~

(1) 1か月に一回24缶の缶詰を購入。
(2) 倉庫に新しく買った缶を入れる。
(3) 倉庫に入っている一番古い24缶を取り出し
(4) 倉庫から取り出した缶は、普通に食べる(消費)。
(1)に戻る
山猫
山猫

普通のローリングストックと違うのは、先に決まった量の缶詰を買ってくるって点だね。

こうすることで、在庫の管理がかなり簡単になるのだ。

そして、ここからが、今回のポイント!

Step3: Amazonの定期おトク便を利用する。

Amazonには、消耗品を定期的に購入するサービス。「定期おトク便」があります。

このサービスは、一回設定しておくと、定期的に設定した個数を送ってきてくれるという、ローリングストックにぴったり物なのです。

山猫
山猫

但し、すべての商品が、定期おトク便の対象ではないからね!

注意が必要なんだ!

では、我が家で飼っているキャットフードを例にして説明します。

商品は、モンプチというキャットフードの24缶入り。

画面右の方に、カートに入れるボタンがあるのですが、、定期おトク便に対応している商品の場合、通常の注文の下に、「定期おトク便」と書かれた項目が現れます。

この画面で、数量と配送頻度を設定してあげれば、定期的にアマゾンからペットフードが送られてくるというわけです。

まとめ

今回は、ペットのための非常食備蓄について解説しました。

災害が起こると、人間の食べ物を手に入れるのも大変ですが、ペットの食べ物を手に入れるのはもっと大変!

ぜひ、ローリングストック法を上手く活用して、ペットフードの備蓄をしてみてください!

そして、ペットフードのローリングストックなら、

アマゾンの定期おトク便を利用するのが簡単!普段食べているペットフードが、定期おトク便の対象になっているかどうかだけでも

↓アマゾンのHP↓で確認してみたらいかがでしょうか?

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

~合わせて読みたい~

ペットの防災対策!大きなゲージと小さなゲージを準備しておきましょう!
今回は「ペットの防災対策」。人間の防災対策に比べて忘れがちなのがペットの防災対策。。でも、災害が起こって困るのは人間だけではないのです。この記事では、災害が発生した時にペットを安全に運ぶためのキャリーや、折り畳み式のペットゲージをご紹介します。
防災!非常食の備蓄に出来る範囲で、ローリングストックを導入する!さらに、改良版ローリングストックをご紹介します!
(2020年6月9日更新)ついつい消費期限がすぎてダメになってしまう、非常食。。それを避けるために有効なのが、古い食材を消費しつつ、使った分を補充するローリングストック。今回は、Amazon 定期おトク便とローリングストックを組み合わせて、
ペットの防災対策!ペットシーツや猫砂もローリングストックで在庫を確保!
ペットの防災対策。3回目は、「トイレ」の話。ペット用の非常食を備蓄しておくのが気が付くのですが、トイレ用の猫砂やペットシーツを備蓄しておかなきゃと思っている人はかなり少ない。。。 どうしても食べる方に目が行ってしまいますが、災害が発生した時の衛生管理はとっても重要!この記事では、ローリングストック法を使った、ペットシーツや、猫砂の備蓄方法を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました