山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

車中泊について 防災グッズ

防災! 車中泊の危険、熱中症を防ぐには?窓を開けたいけど虫が心配。。自動車の窓に取り付ける網戸を試す

投稿日:2017年10月11日 更新日:

このブログでは、災害時の車中泊についていくつか記事を書いています。

災害時の避難生活に車中泊を選ぶ人が増えています。自家用車は避難所と違ってある程度プライバシーも保てますし、少しぐらい大きな声を出しても大丈夫。小さな子どもがいる場合、まわりに人がたくさんいる環境では、迷惑をかけていないか気になりますよね。車中泊をする事で、いろいろな問題が解決できるのですが、一方、車中泊ならではの問題もあります。もしお時間があれば、車中泊関連の記事を最初からご覧ください。

~車中泊、最初の記事へ~

今日の話題は、熱中症

これからはだんだん寒くなっていって、熱中症の危険は減ってくるのですが、車中泊の連載記事としてアップしちゃいます(ほんとは夏前にアップすべき記事でしたね)

夏の車内はめちゃくちゃ暑くなりますよね。夏に小さな子が車内に閉じ込められて亡くなる事故も毎年のようにおきています。昼間は勿論ですが夜も締め切った車内の温度はかなり上がってしまいます。

エンジンをかければエアコンが使えるので幾分ましなのですが、車中泊をするときは、エンジンを切るのが基本。

エンジンのかけっぱなしは、車にも悪いし、貴重な燃料も食ってしまいます。

ではどうするか?

まず考えるのは窓を開けること。窓を全開に出来れば風が通るようになりますからかなり涼しくなります。でもこれにはいくつかの問題が

1つ目の問題は、プライバシーの問題。そしてもう一つは、蚊などの虫の問題です。

自動車は窓を閉めておくと思ったより中は見えません。最近は後部座席のまどがスモークガラスになっている車種が多くなっていますから尚更です。

でも窓を開けると周りからもよく見えてしまいますし、なんとなく落ち着かないですよね!

もう一つの問題が、蚊や蜂といった虫たち。

山猫は蚊が嫌い。しかもやっつけるのは苦手と来ています。(蚊を潰すのがイヤなのではなく、空振りが多いのです。)

耳元にブーンとこられると、眠るどころじゃなくなっちゃいます。

もし蜂が入ってきたらそれはもう大変!パニックになっちゃいます。

車の窓に網戸をつけてみよう

車の窓に網戸なんてつけられるの?と思う方は多いと思います。車の窓は四角形ではないし、車種ごとに形も大きさも違う。

車種ごとに違う形の網戸を準備出来るとも思えません。。。。

と思って調べてみたら、いいものがありました!窓にかぶせるタイプの虫よけネットです

基本は伸縮性のあるネット。

伸縮性のあるネットを窓の上から被せてしまう虫よけネット。

使い方は簡単。ドアを開けて、窓の上からネットをかけて、ドアを閉めるだけ。

ちょうど窓を挟んで外側と内側にネットが来るイメージです。窓ガラスには干渉しないので、窓の開け閉めも自由に出来ます。

色々な、虫よけネットが売られていますが、山猫がお勧めするのが、メルテック ウインドーネット スライドドア用 W1100×H770mm(1枚入) Meltec WP-32です。

この写真は、ミニバンなどで良く使われるスライドドア用ですが、他に、フロントドア用、リアドア用、バックドア用が準備されています。↑詳しくはリンクをクリック!

実は、虫よけネット自体はいろいろなメーカーから出ているのですが、ドア別に商品を準備している商品は多くありません。確かに伸縮性のあるネットを使っていますので、

どのドアでも合うように作れるのかもしれませんが、フロントとリアでは窓の形がだいぶ違いますよね。なるべく窓の形にあった物の方が、無理がないし、長持ちしそうです。(あまり引っ張るとネットの穴が大きくなって虫が入ってきそうだし。。)

ただ、各ドアの専用品といってもすべての車に合うとは限りません。買ってみたはいいが、上手くつかなかったという場合もあるかもしれません。

なかなか事前に試すというのが難しい商品なので、買ってみて合わなかったらあきらめるか、誰かにあげちゃうかですかね。。

意外と目隠しにもなる

完全な目隠しという点ではカーテンに劣りますが、、2重のネットで覆いますので、意外と目隠し効果もあります。(特に昼間は)夜間、車内で明かりをつけると結構見えてしまうのですが、明かりを消せば、ほとんど見えません。完全に車内を見えないようにしたい!という方は、車用のカーテンを装備するのがよいと思います。

 

 

注意点!

  1. 窓枠のない車にはつかえない!:スポーツカーなどでたまにある窓枠のない車の場合、このネットは使えません。。窓を開けるとネットが落ちてきちゃいますね。。
  2. 付けたまま、走行するのはやめた方がよいです。特にフロントにつけたまま走ると、道交法違反になっちゃいますね。。
  3. 耐久性は、ちょっと疑問。すぐにダメになってしまう感じではないのですが、ずっと使えるか?と考えるとちょっと疑問です。災害避難用として考えると、耐久性は十分なのですが、この商品。キャンプなどのアウトドアでもかなり使えます!アウトドア大好き家族の場合は、予備も準備しておくのがよいと思います。

以上、今回は、車中泊の熱中症対策の一つ。自動車の窓につけられる虫よけネットの紹介でした。

メルテック ウインドーネット スライドドア用 W1100×H770mm(1枚入) Meltec WP-32

最後までお読みいただきありがとうございました。
もしよろしければ、他のページもご覧ください。

~続きの記事~

~記事のまとめはこちら~

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村


-車中泊について, 防災グッズ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

水害と車のイメージ

防災! 自動車に閉じ込められたら?窓を割って脱出するためのツール!

大雨の時、乗っている車が水没するかも? 台風や大雨の時にニュースになるのが、自動車の水没。先日の台風21号でも、増水した川に自動車が流され乗っていた人が亡くなったというニュースが流れました。 川のそば …

ペットボトルの水

防災の必需品【長期保存水】保存期間「5年」が普通だと思っていませんか?いつの間にか進化してますよ!

とにかく「水」がなくては! 防災グッズの必需品「水」。とにかく、水がなければ人間は生きてはいけません。 このブログでは、今までも「水」をどのように確保するか?というテーマの記事を書いてきました。山猫は …

ランタンのイメージ画像

防災用の主力LEDランタンはこれ!2017年夏版

本ブログでは、これまでもいろいろなLEDランタンを紹介してきました。 どれも山猫おすすめのランタンなのですが、、、ソーラー付きだったり、超コンパクトが売りの物だったり、かなり性能が尖っているんですよね …

火災

防災!通電火災を防ぐには?自動でブレーカーを落とす便利グッズ!

通電火災とは? 通電火災とは、大規模な地震などに伴う停電が復旧し、通電が再開される際に発生する火災のこと。 この通電火災が注目されたのは、阪神淡路大震災の時です。阪神淡路大震災の時に原因が特定された5 …

水のイメージ画像

防災! 汚れた水を飲み水に変える?携帯型浄水器 ストロー型 ライフストローとは?

※この記事は、ペットボトルやウォーターサーバーでの水の備蓄を否定する物ではありません! 本ブログでは、災害時の水の備蓄に関する記事をいくつかUPしてきました。  山猫おソーラーの備えるブログ …

ブログ内検索

アーカイブ