山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

電気柵用オフグリッドソーラー

電気柵用オフグリッドソーラーを作ろう!19回目 1号機実地試験。炎天下でバッテリーボックスの温度はどうなった?

投稿日:2017年7月17日 更新日:

電池式の電気柵をソーラー化して、電池交換や、バッテリーの充電のわずらわしさから解放する、

電気柵オフグリッドソーラープロジェクトの19回目です。今までの記事まとめはこちら

電気柵用オフグリッドソーラーを実際に畑に設置して、動作試験を開始してから今日で1週間!

この一週間は、高温あり!大雨あり!で、装置の動作試験としては申し分ない環境でした。この悪条件でも元気に動いてくれれば、とりあえず安心ですね!

今回は、昨日のうだるような暑さの中、バッテリーボックスの中の温度がどの程度上がったのか確認してみます。

電気柵と、バッテリーボックス設置状況の確認。

電気柵用オフグリッドソーラー2017年7月13日の様子

電気柵と、バッテリーボックスは、畑の隅に設置してあります。写真中央に、緑色の箱が二つ。左側が電気柵本体(タイガー アニマルキラー4300DC2)右側のソーラーパネルが載っているものが、今回制作した、電気柵用オフグリッドソーラー1号機です。ソーラーパネルの下にある緑色の箱に、バッテリーと、ソーラーパネルのコントローラが入っています。(バッテリーボックスと呼んでいます。)

転倒しないように、杭をうって、ワイヤーで固定されています。また、浸水を防ぐために、プラスチックボックスを地面に置いて、その上に電気柵とオフグリッドソーラー装置を設置してあります。

方角的には、写真右側が「南」(大体ですが。。)ソーラーパネルに出来るだけ多くの光が当たる角度に設置しています。

2017年7月16日は、とても暑い日でした。

2017年7月17日は、朝から良い天気で、気温もぐいぐい上がりました。日照時間もかなり長かったので、バッテリーボックスには、夜明けからずっと日が当たっている状態。これはかなり高温になったのでは?と想像できます。そんな昨日の内部温度と外部温度をグラフにしてみました。

バッテリーボックス温度測定20170716

外気温は、アメダスのデータを使用していますが、畑の場所と、アメダス(牧之原)の観測点の場所が離れているので、少し気温に差があるはずです。また畑は山間にありますので、明け方はアメダス観測点よりも気温が下がっている可能性が高いです。

ボックス内温度は例によって、温度ロガー

RC-5 USB温度データーロガー 温度記録計 データレコーダー 32000ポイント 簡単に温度を記録し、解析できるデータロガー ブルー
を使用しています。

さて、結果を見てみましょう。

ボックス内の温度は、日の出とともに急上昇しました。外気温の変化よりも、日照が大きく影響していそうです。

明け方に21℃まで下がっていたボックス内温度が、朝9:00には、40℃近くまで上昇してしまいました。しかし、最高温度は41℃までしか上がりませんでした。これは、日が高くなると、ソーラーパネルが日傘の役割を果たすため、温度上昇が抑えられていると考えています。

ただ、日中はほとんど40℃近くの温度をキープしています。これは、バッテリーにとってはあまりよい環境ではありません。ただ、外気温が35℃程度まで上がるのですから、箱の中の温度が40℃くらいまで上がるのはしょうがない事なのかもしれませんね。

一応バッテリーは、充電40℃ 放電50℃までとなっていますので、50℃までは壊れないと考えてよいと思います。(充電が上手く行かない可能性はありますが。。)

今回の試験の結果を見ると、この環境では、50℃まで上がる事はなさそうなので、とりあえずこのまま使っていてもよさそうです。

今使っているバッテリーは、完全密封式のタイプで、寿命がきたり、異常な状態になると膨れます。しばらくはバッテリーの形状の変化に注意しつつ使用していこうと考えています。

 

お知らせ

このブログでは、電気柵用オフグリッドソーラーの組み立て方法を出来るだけ細かく記事にしてきました。(こちらの記事から順番によんで頂けると嬉しいです。)しかし、電気の事に詳しくないとなかなか難しい!という農家さんの声が多数聞こえてきました。確かに、農業と電気機器というのは、全く接点がありませんよね。

趣味で電気工作をやっているよ!という方ならば自作出来るかもしれませんが、過去記事を読んでも全くわからん!という方のほうが多そうです。

そこで、
この電気柵用オフグリッドソーラー(電気柵用ソーラーバッテリーユニット)の組み立て、販売を静岡県藤枝市の安曇野電子が行う事にしました。制作にはかなりの手間がかかりますので、無償ではありませんが、出来るだけ農家さんの事を考え、組み立て費を安くしようとしています。すでに、2号機3号機の制作を行っています!しばらくは直接設置についてご相談できる距離(静岡県中部地方)の農家さん限定ですが。。

※ 電気柵用ソーラーバッテリーユニット設置相談対象地域詳細:静岡県静岡市,静岡県焼津市,静岡県藤枝市,静岡県島田市,静岡県牧之原市,静岡県榛原郡吉田町,静岡県榛原郡川根本町,静岡県掛川市,静岡県菊川市,静岡県御前崎市

電気柵用電源でお困りの方、電気柵の電源のソーラー化にご興味のある方は、安曇野電子ホームページの「問い合わせ」フォームから、お気軽にご連絡ください。

以上、本日は、電気柵用ソーラー1号機 試験1週間後の状況に関する記事でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

次回をお楽しみに!

~続きの記事~

農業用 電気柵用ソーラーバッテリーユニット(ソーラー充電式バッテリー)を作ろう! 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村

※免責事項:ソーラー発電に限らず、電気を扱う機械の製作は、常に危険をはらんでします。万が一、事故が起きた場合、著者は責任を負えません。このブログは、電気柵用オフグリッドソーラーの作り方について出来るだ詳しく説明していく予定ですが、このブログだけを参考にして、一人でオフグリッドソーラーを組み立てよう!と考えるのは危険です。出来れば電気の扱いに慣れた方と作業をしていただきたいと思います。



-電気柵用オフグリッドソーラー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

電子柵用オフグリッドソーラー2号機 実機調整開始

電気柵用ソーラーバッテリー まとめ。電気柵用オフグリッドソーラーを作ろう23

電池式の電気柵を、ソーラー対応にグレードアップする電気柵用小型オフグリッドソーラー。 いよいよ、本格的に生産を開始する事になりました。 今回の記事は、静岡県藤枝市の電気部品メーカー安曇野電子が販売する …

電気柵用オフグリッドソーラー2017年7月13日の様子

電気柵用オフグリッドソーラーを作ろう!17回目 1号機実地試験 3日後の結果

電池式の電気柵をソーラー式にパワーアップする、電気柵用オフグリッドソーラー装置(ソーラーバッテリーユニット)。 7月10日夕方から、試作第一号機の実地試験を開始しました。本日夕方に試験開始から丸3日が …

電気柵用ソーラー1号機設置写真

電気柵用オフグリッドソーラーを作ろう!15回目 1号機の試験開始です!

電気柵の電源を、ソーラーパワーで供給する事で、めんどうな電池交換や、バッテリーの充電から解放する! という趣旨で始まった、電気柵用オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)装置を作ろう!という企画も15 …

ソーラーパネルと風の関係

電気柵用オフグリッドソーラーを自作しよう10 やっぱりソーラーパネルの水平設置はダメ!

ソーラーパネルの取り付け角度 今日は少しマニアックな話題を。。 電気柵用のバッテリーユニットにつけるソーラーパネルの取り付け角度についての話題です。 電気柵用オフグリッドソーラーの、ソーラーパネルは、 …

電柵用オフグリッドソーラー電圧計測中

電気柵用オフグリッドソーラーを自作しよう9 バッテリーボックス内の配線作業

電圧計測BOXの組み立て 電柵用のソーラーバッテリーを自作しようの9回目。いよいよ組み立ても佳境に入ってきました。 まずは、電圧計BOXの組み立てです。 とりあえずもう一度配線図を確認します。 図の真 …

ブログ内検索

アーカイブ