山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

帰宅支援に役立つ防災グッズ 防災グッズ 電気関係の防災グッズ

防災! 帰宅支援グッズ。いつもカバンに入れておきたいモバイルバッテリー

投稿日:2017年8月7日 更新日:

本ブログでは、過去に災害用に準備しておきたいモバイルバッテリーについての記事を書きました。

これらの記事では、どちらかと言えば容量の大きなモバイルバッテリーを紹介しました。

最近は、容量が大きなモバイルバッテリーもだいぶ安価になってきて買いやすくなったのですが、普段持ち歩くには少し大きく重いですよね。

普段、カバンに入れて使うには、もう少し軽く、小さなモバイルバッテリーが適していると思います。

今回の記事では、スマホを1~2回くらい充電できるサイズのモバイルバッテリーを選んでいきたいと思います。

帰宅支援グッズとしてもモバイルバッテリー

今やスマホや携帯は、災害時の情報収集ツール(+発信ツール)として欠かせません。

ネットの情報を得たり、地図を見たり。こちらから、メールやツイッターで情報を発信するなど使い道は幅広いですよね。

そこで、問題になるのが、電池です。スマホは、すぐに電池がなくなって今いますよね。加えて震災で携帯の基地局の多くが

ダウンしているような状態だと、状況はもっとシビアになります。

スマホや携帯は、近くに携帯基地局があるときは、電波のパワーを落として通信します。その方が電池が持つからです。

でも、近くの基地局がダウンして、遠くの基地局と一生懸命通信するような状態の場合、電波のパワーを最大限上げます。

そのため、電池の消耗がより激しくなるのですね。

通勤中や会社にいる時に災害にあったら、なんとかして帰らなくてはいけません。その時、スマホや携帯の電池がなくなってしまったら大変です。

実は、私も東日本大震災の時に帰宅途中で携帯の電池が切れて、連絡が出来なくなってしまった過去があります。

そこで、必要になるのが、モバイルバッテリーなんですね!

帰宅支援に使いやすいモバイルバッテリーのポイントは

・軽量、コンパクトである事。

・容量は出来るだけ大きい物。スマホや携帯を1~2回フル充電できるくらいの容量がないと役に立ちません。

以上の要件を満たすモバイルバッテリーの中で山猫がお勧めするモバイルバッテリーは次の二つです。

1.軽量・コンパクトに主眼を置いたモバイルバッテリー

1つめに紹介するモバイルバッテリーはAnker PowerCore 5000 (5000mAh 最小最軽量 スティック型 モバイルバッテリー) iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応 トラベルポーチ付属【PowerIQ & VoltageBoost搭載】です。



容量5000mAhの小型モバイルバッテリーです。円筒型のフォルムが特徴的ですね。

この形のモバイルバッテリーは、以前からあり見た目はあまり変わらないのですが、中身はだいぶ進歩しています。このモバイルバッテリーは、

出力2A 入力(充電)2Aの ハイパワー出力が可能なタイプ。以前のAnker製の同容量のタイプは、出力1Aだったのですが、このモデルは2A出力が可能です。

サイズ :約108 × 33 × 33 mm

重さ :約134 g

と、普段カバンに入れても邪魔にならないコンパクトサイズ。非常に使いやすいモバイルバッテリーだと思います。

なお、最近売られているスマホの電池容量は2000mAh~3000mAhくらいが主流なので、このモバイルバッテリーで1回~2回は充電できる計算です。

2.ACアダプタが一体になった便利なモバイルバッテリーです。

2つめに紹介するのは、ACアダプタが一体となったちょっと変わったモバイルバッテリー、Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載 / 折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック)です。

この、モバイルバッテリー。特徴はACアダプタと一体になっている点。モバイルバッテリーの容量としては、5000mAhと(1)で紹介したものと同じなのですが、

ACコンセントに直接挿すことで、モバイルバッテリーの充電と、AC100V – USB(+5V)変換まで、出来てしまうという優れもの。

ちなみに、モバイルバッテリーへの充電は、Micro USB端子からも出来ますので、普通のモバイルバッテリーと同じ使い方も出来ます。

会社では、AC100V – USB変換器として使いつつ(もちろんその間に充電もされる)通勤時はモバイルバッテリーとして使える。

使い方をうまく考えれば、ほんとに便利に使えるモバイルバッテリーだと思います。

ACアダプタが付いたら重たいのでは?と思いますが、

サイズ :約72 x 70 x 31 mm

重さ :約189 g

と、以外なほどコンパクトに収まっています。この小さなボディに5000mAhの充電池が入っているのが信じられないほどです。

以上、今回は帰宅支援用のモバイルバッテリー2種を紹介しました。

Anker PowerCore 5000 (5000mAh 最小最軽量 スティック型 モバイルバッテリー) iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応 トラベルポーチ付属【PowerIQ & VoltageBoost搭載】


Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載 / 折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック)

どちらも普段使いのモバイルバッテリーとして、十分な能力を持っています。

是非、おためしください。

以上、今回は、帰宅支援グッズとしておすすめのモバイルバッテリーの記事でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。
もしよろしければ、他のページもご覧ください。

~こちらの記事もおすすめ~

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-帰宅支援に役立つ防災グッズ, 防災グッズ, 電気関係の防災グッズ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エコノミークラス症候群

防災! 災害避難時の車中泊はあり?なし? エコノミークラス症候群が心配と言うけれど。。

地震などの災害時に、避難所でもなく、自宅でもなく、自家用車に寝泊まりする。それが車中泊ですね。災害時、多くの人が車中泊を選択しています。 でも、災害が起こると必ず話題になるのが、「エコノミークラス症候 …

トイレの画像

防災! 忘れがちですが、災害用の非常用トイレの備蓄は超大事!

このブログでは以前、全国の自治体がトレーラー式の移動トイレを持つ!というビックプロジェクトの記事を書きました。 防災!みんなが元気になるトイレ プロジェクト!を知っていますか?  山猫おソー …

手回し発電機つきラジオ

防災用品。手回し式発電機のついたラジオをお勧めしない理由

本ブログでは、災害時の備えとして、いろいろな電気グッズを紹介してきました。 ・ラジオ(あなたは災害時、何で情報を得ますか?災害時の情報収集の最強ツール)  山猫おソーラーの備えるブログあなた …

ペットボトルを飲む女性

防災!ペットボトルの飲料を直接飲むと長持ちしない問題を解決!

日常的に飲まれているペットボトル。毎日飲んでるよーという方も多いのでは。 こんな話を聞いた事はありませんか? 「ペットボトルの飲み口に直接口を付けると、飲み物がすぐにダメになる」 口の中の細菌が、ペッ …

長靴のイメージ

防災! 長靴に先芯の入った安全靴タイプがあるって知っていますか?

雨降りの時の必需品。「長靴」防災上でも長靴は重要アイテムです。台風などの風水害の時はもちろんですが、地震の後も雨が降っている可能性があります。 雨の中避難して、靴や靴下がびちょびちょになってしまうと、 …

ブログ内検索

アーカイブ