山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

防災コラム

改めてJアラートとミサイル防衛について書いてみる

投稿日:2017年8月30日 更新日:

※山猫は、当システムの専門家ではありません。色々調べた結果を備忘録替わりに記事にしていますので、内容に間違いがあるかもしれません。ご了承ください。

2017年8月29日早朝(AM5:57)、北朝鮮から発射された弾道ミサイル(火星12号)が北海道を飛び越え、太平洋に落ちました。

山猫が住んでいる静岡県では、Jアラートは鳴らなかったので、ミサイルが発射された事を知ったのはちょっと後。

(豪ドル円が暴落しているアラートがなりましたがそれは別の話…)

ミサイル発射のJアラートを聞いた人はさぞびっくりしただろうと思います。Youtubeで防災無線が鳴っている映像を見ましたが、サイレンはおどろおどろしいし、

そのあとに続く機械音声がまた怖い感じ。。ただ、「ミサイルが発射されました」とか「ミサイルが通過しました」だけだと、どうしてよいかわからないですよね。

「どこどこに何発着弾予定」とか言ってくれないと、どのくらい危険なのか判断が難しい。

今回は、日本領土内にミサイルが落ちないと判断されたから、あんな放送になったのかな?

そもそもJアラートって何?

Jアラートについてwikiで調べてみると、、正式名称は「全国瞬時警報システム」というらしい。

弾道ミサイルの報道で良く出てくるので、ミサイル情報専用かと思っていたら、地震、気象、火山、有事などいろいろな情報を瞬時に伝達するシステムの総称の様です。

地震が来る事を知らせてくれる緊急地震速報もJアラートに含まれているそうです。

今回は、有事関連情報の内、弾道ミサイル情報という形で発信された模様。

弾道ミサイルにJアラートは有効だったのか?

今回のミサイル発射の件で、「Jアラートは役に立たない!」という意見が出ています。なんでそんな意見が出たかと言うと、一つには時間、もう一つが放送内容が問題だったんですね。

時系列をまとめると

ミサイル発射→5:57~5:58

Jアラート→6:02 (4分後)

ミサイル通過→6:06 (8分後)
ミサイル落下→6:12頃

Jアラートが発信されてからミサイルが通過するのにわずか4分しかたっていません。というか、ミサイル発射から日本列島通過までわずか8分。時間の猶予はほとんどありません。ミサイル落下は6:12分頃となっていますが、この時間にはあまり意味がないと思います。日本列島を狙ったミサイルであれば、8分で着弾するという事でしょうから

多分、Jアラート発信からミサイル通過までの時間が短すぎるから、役に立たない!という意見が出ているのだと思いますが、山猫はそうは思いません。

緊急地震速報は地震の数秒~数十秒前に届きますが、緊急地震速報が役に立たない!という方は少ないのでは?少なくとも東日本大震災の時、山猫は緊急地震速報に救われました。

ミサイルに関しても、ないよりもあったほうが良い!と思います。

もう一つの放送内容に関してですが、今回の放送では「頑丈な建物か地下に避難してください!」という内容だったようです。

東京など、地下街が発達してなおかつコンクリートの建物が多い地域なら、問題なかったかもしれませんが、地方には、地下街も頑丈な建物もない地域がたくさんあります。そのような地域の人々にとっては、「どこに避難すればいいねん!」と思っても不思議ではありません。

ただ、これは運用の問題。弾道ミサイルでJアラートが発信されたのは今回で3回目(多分ですが。。)これから改善していけばよい問題です。それより、ミサイル発射からわずか数分で、全国に配信するシステムがあるという事が重要だと思います。

また、今回は1発だけの発射実験ですが、もし、北朝鮮が本気でミサイルを打ちまくるという事態が発生した場合はどうでしょうか?

北朝鮮は日本をターゲットにしている弾道ミサイル「ノドン」を200発保有していて、50基の発射台を持っているとの事ですから、最悪50発のミサイルが次々と日本に飛来するという事も考えられます。

その時、何も情報がないのと、どのあたりに何発飛んできているという情報があるのとどちらが良いでしょうか?(自分の住んでいる地域にたくさん飛んで来ている事が分かったら絶望しますが。。。)

それに、東京方面に飛んでくるのか、原発が密集している福井方面に飛んでくるのかで、その後の対応が変わってきます。Jアラートがあったほうが判断材料が増える。という点で山猫はJアラートがあったほうが良いと考えています。

Jアラートが受信できない端末(スマホ)がある

ドコモ、AU、ソフトバンクなどの、大手キャリアを使っている方は、Jアラートは受信できるようですが、格安スマホ(MVNO)を使っている場合、一部の端末でJアラートが受信できません。

これは、Jアラートを送受信する規格(ETWS)が、海外ではあまり使われていない事が原因。もともと国内向けに作られた端末は、ETWSに対応しているのですが、海外メーカーの端末では、ETWSに対応していない端末が多くあるとの事。ちなみに、iPhone(5s/5c以降)はSIMカードに応じた設定が自動的に行われて、ETWS関連の設定も自動で行われるとの事。少なくともiPhoneは格安SIMを使っていても正常にJアラートが送受信できるらしい。

最近では、海外メーカーが作っているスマホも日本向けにETWSを送受信できるようになってきているのだけど、地震や津波の速報には対応していても、防災情報や弾道ミサイルの情報は受信できないという端末もあるとの事

Jアラートが受信できない端末の解決方法として、総務省が発表している、スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用(PDFファイル)に書いてあります。開いたけど表紙しかないじゃないか!と一見思うのですが、文中の「詳細はこちらを・・・」という所をクリックすると本文が見れます。

その中で、「Yahoo!防災情報」アプリが紹介されています。総務省がYahooのアプリを推奨するというのもどうかと思いますが、このYahoo!防災情報のアプリは、弾道ミサイルだけでなく、地震、大雨などいろいろな災害の情報を提供してくれるとても便利なアプリです。大手キャリアの携帯を使っている方にも役に立つアプリですので、インストールしておいて損はありません!

 

なぜ今回の弾道ミサイルを撃ち落とさなかったのか?

今回の弾道ミサイルは、日本上空550kmを通過したと考えられています。550kmの上空というと完全に宇宙空間であり、日本の領空侵犯をしたわけではありません。(宇宙空間は領空ではない)そもそも、日本のイージス艦に積んであるSM3では、550km上空の弾道ミサイルを撃ち落とすのは難しい。

今回は、早い段階で日本本土に着弾する可能性はない & 非常に高い高度で日本上空を通過するという事が分かったので、撃ち落とさなかったという事だと考えてよいのでは。

ただ、ミサイルが日本本土に着弾する可能性はないと判断したのに、Jアラートを発信したのはちょっと解せないですね。もちろん、途中でミサイルが不具合を起こして爆発-落下という可能性はあるのですが。。。

そもそも弾道ミサイルは撃ち落とせるのか?

ちょっと脱線します。日本には、ミサイル防衛(MD)システムというのがあるのですが、どの程度役に立つのでしょうか?

日本のミサイル防衛は、

・イージス艦から発射されるミサイル(SM3)を使って、上空高くを飛んでいる弾道ミサイルを迎撃する、ミッドコース段階と

・パトリオットミサイル(PAC3)を使って、地上に落ちてくる弾道ミサイルを迎撃する、ターミナル段階

があるようです。

このうち、PAC3を使った迎撃は、ミサイルを設置した場所から40kmの範囲という狭い範囲に限られるようで、どこにミサイルが飛んでも撃ち落とせるという物ではありません。

どちらかと言うと、重要区域を守るというイメージでしょうか。

となるとイージス艦から発射されるミサイル(SM3)に期待がかかるのですが、このSM3(スタンダードミサイル3)というミサイルは、そんなに沢山打てるわけではないようです。

SM3が打てる日本のイージス艦は、いまの所こうごう型の4艦(こんごう、きりしま、みょうこう、ちょうかい) どうでも良いが、「きりしま」は分かるがなんで残りの二艦は「ひえい」と「はるな」じゃなくて「みょうこう」と「ちょうかい」なんだろう?(※「ひえい」と「はるな」は別艦種ですでに使ってました。。。)

それぞれの艦は、各8発のSM3を搭載できるとの事。ならば全部で32発ですが、すべての艦を同時に日本海に展開する事は出来ません。基本的には2艦配備になるので、SM3の数は16発。。

北朝鮮のノドンの数は200発(一回の斉射で50発)との事ですから、打ちまくられると、すぐSM3を打ち尽くしてしまうようです。(日本海にはアメリカのイージス艦も展開してくれると期待しても、全力でノドンを打たれると厳しそうです。)

命中率はどのくらい?かは、山猫にはよくわかりません。SM3は実験ではかなりの好成績を上げているようですが、複数のミサイルを同時に追跡して迎撃するという能力がどの程度あるのか?SM3は同時に何発の目標に誘導できるのか?と疑問は尽きません。(軍事に詳しい方教えてくれますか?)

結局の所、日本のイージスシステムが対応できないくらい沢山のミサイルを撃たれた場合、陸地への着弾は覚悟しなければいけないという事だと思います。落ちてくるミサイルに核が搭載されていない事を祈るしかないですね。。

 

ということで、今回はJアラートに関する記事でした。何かお役に立てる情報が乗っているとよいのですが。。
最後までお読みいただきありがとうございました。
もしよろしければ、他のページもご覧ください。

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-防災コラム
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家具の転倒防止

防災! 家具の転倒防止対策が難しい理由!

8月も後半。防災の日(9月1日)が近づいてきました。 災害への備えというのは、災害が起こらなければ必要ない物なので、どうしても後手後手にまわりがち。 毎年防災の日を迎えては、ちゃんとやらなきゃ!と思う …

家具の転倒防止

防災! 家具の転倒防止対策 普通の突っ張り棒では力不足。では、何を使えば良いのか?

前回の記事では、家具の転倒防止対策が難しい理由を説明しました。  山猫おソーラーの備えるブログ 防災! 家具の転倒防止対策が難しい理由!http://luchs.fxproject …

浦安1945年~1955年

あなたの住んでいる所は大丈夫?「液状化現象」が起こりやすい場所かどうかを確認する方法。

大地震が起こるたびに話題になる「液状化」という現象。この現象が最初に注目を集めたのが1964年に発生した新潟地震 マンションが横倒しになった写真を教科書で見た方も多いのでは?その後阪神淡路大震災でも大 …

避難のイメージ図

本日は防災の日。防災グッズは年々進化していますよ!ここらで見直してみませんか?

本日は防災の日 9月1日です。 以前は、学校の夏休みは8月31日までというのが普通で、 9月1日は、始業式と防災訓練というのが、毎年の行事だったのですが、最近は夏休みが短くなって、8月中に二学期が始ま …

防災!洪水の危険を察知する。全国の河川の水位を調べられるサイトがあった!

台風21号が、東海、関東に向かってきています。 超大型で、非常に強い台風が関東に上陸した例は今までに無いらしい。。 このまま進むと、大変な被害が出る恐れがあります。 今回の台風は、雨、風ともに強いので …