山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

その他の防災グッズ 防災グッズ

防災!薄型テレビの耐震対策していますか?耐震シートだけでは足りないかも

投稿日:2017年8月31日 更新日:

本日のテーマは、

薄型テレビの耐震対策

いつの間にかブラウン管のテレビを見なくなって、液晶テレビばかりになってしまった今日この頃。テレビの耐震対策はどうしてますか?最近のテレビはどんどん大画面化していて、以前にもまして耐震対策が重要になってきているのです。山猫家のテレビは32型なので今では小型の部類ですが、ちょっと前までは32型が普及サイズだったはずです。今では40型以上のテレビを持っている家も増えてきました。いいなあ・・・ 羨ましがっている場合ではなく、耐震対策です!

テレビに付属のネジやバンドで止めているよ!という方も多いと思いますが、大地震の際はちょっと力不足。。実際、熊本の地震では多くのテレビが転倒して壊れてしまいました

また、テレビ台とテレビをちゃんと固定していても、テレビの足の部分が破損してしまうという例もありました。考えてみるとあんな細い足で大画面のテレビを支えるというのは、かなり厳しいですよね。

本日はテレビを支えるグッズを2点紹介します。片方でも効果はあるのですが、テレビの破損の確立を下げる為に二種類の製品を組み合わせる事をおすすめします。

対策1:粘着耐震シート

かなりメジャーなジャンルなので、ホームセンターなどで見かける事も多い商品です。柔らかい粘着マットをテレビ台とテレビの間に挟み込むという使い方をします。

こんな小さなシートで本当にくっつくのかな?と心配になりますが、実際に使ってみると効果はてきめん。がっちりとくっついて剥がそうと思ってもなかなか離れないくらいしっかりと密着します。(剥がすときはテレビを上に引っ張ってもだめ。特に貼ってから時間がたつとそう簡単には取れません。でも、テレビとテレビ台の間にマイナスドライバーを突っ込んでぐりぐりやると意外と簡単にとれますよ)

この、粘着シート。とにかく種類が豊富。100円ショップでも売っていたりします。

でも、大切なテレビを守る大事な商品。ちょっとケチって粗悪品を買ってしまって、地震の時にあっさりテレビが転倒してしまったら元も子もありません。

ちゃんとした商品を選ばなくては。。

山猫がいくつか使ってみた中の一押しは不二ラテックス 家具・家電転倒防止用品 不動王 薄型テレビ用 耐震シート FFT-002です。

これで、震度7に耐えられるかはメーカーの実験を信じるしかないのですが、貼った感じもしっかりと固定されている感じだし、適度な弾力もあるので、地震動に粘り強く対応してくれそうな感じです。(まだ実際の地震にあったわけではないので、想像になってしまいますが。。)この商品に限らず、不動王シリーズはよく考えられた独創的な商品が多いので気に入っています。

しかし、このシートを付けても、まだ問題が、、それはテレビ自体が折れてしまう可能性。もちろんテレビの足はかなり頑丈に作られているのですが、重たくて大きいパネル部分をテレビの足だけで支えるのはかなり苦しい。そこで登場するのが、、

対策2:耐震固定ポールを使う

耐震固定ポールとは、テレビの裏側とテレビ台を棒で結んでしまうというもの。最近のテレビは壁掛け用のネジ穴があけられているので、そのボルト穴を利用してポールを取り付けます。

このポールもいろいろな物が売られているのですが、山猫のお勧めは、平安伸銅工業 液晶テレビ用耐震固定ポール シルバー 対応テレビサイズ32~60型 LEQ-45です。

二本のポールをテレビの背面に取り付ける格好になります。テレビ側は、壁掛け用のネジ穴を使用し(壁掛け用のネジ穴のないテレビには本製品は使用できません!)テレビ台側は、天板を挟み込み構造になっています。

対応テレビサイズは、32~60型 天板の厚さは2cm~5cm 二本入りですので、一つ買えば一台のテレビを固定する事が出来ます。

このポール。とってもがっちりしているのでテレビをしっかりと支えてくれます。ただ、この商品だけだと、テレビが滑ってしまうので、粘着シートとこのポールを組み合わせる使い方がベストだと考えています。

テレビ台が軽い場合はテレビ台ごとひっくり返る可能性もあります!

いくらテレビをテレビ台にしっかりと固定しても、テレビ台に対して、テレビが大きくて重い場合、テレビ台ごとひっくり返ってしまう事もあります。

テレビを大きくしたら、テレビ台も重くて大きな物に代えるか、テレビ台を壁に固定する事も考えなくてはいけないですね。また、テレビ台はキャスター付きの物もあります。キャスター付きのテレビ台は、揺れを吸収してくれるのでおすすめ!という意見もありますが、一方で、テレビ台ごと吹っ飛んでくるので危ないという意見も。。

山猫は、テレビ台のキャスターはない方が良いと思います。阪神淡路大震災の時、冷蔵庫(もちろんキャスターは無し)が隣の部屋まで移動していくのを見ていますので、家具は出来るだけ動かないように固定する方が良いと考えています。テレビ台の固定方法は、キャスターを取った上で、L字金具で壁に固定するか、壁に穴をあけられない場合は、不二ラテックス 家具転倒防止用品 不動王 L型固定式 FFT-001を使用するのが良いと考えています。

 

以上今回は、薄型テレビをテレビ台に固定して転倒を防ぐという記事でした。今回紹介した商品はこちらです。

平安伸銅工業 液晶テレビ用耐震固定ポール シルバー 対応テレビサイズ32~60型 LEQ-45


不二ラテックス 家具・家電転倒防止用品 不動王 薄型テレビ用 耐震シート FFT-002

最後までお読みいただきありがとうございました!
もしよろしければ、他のページもご覧ください。

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-その他の防災グッズ, 防災グッズ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライフジャケットのイメージ

防災! 普段は椅子用クッションになるライフジャケット「浮クッション」は津波や洪水の役にたつのか?

山猫は津波が嫌い。(好きな人はいないと思いますが。。)いくら地震に耐える事ができても津波にのまれてしまえば木造の家屋はひとたまりもありません。 巨大な津波が押し寄せた東日本大震災は、スマホが普及した初 …

防災毛布

防災!使い道はいろいろ。真空パックでコンパクトの防災用毛布は超有能

災害時の避難を支える最重要アイテムが、「毛布」です。 真夏以外では、布団として使ったり、防寒の為にくるまったり。ある程度のクッション性があって、暖かい毛布は、 大活躍です。もちろん、市町村などの自治体 …

ネックピローのイメージ

車中泊!首に巻く枕「ネックピロー」は首が痛くなって役に立たない!と思っていませんか?そんな事ないですよ!

首に巻くタイプの枕。ネックピローです。かなり昔から売られているので見た事あるよ!という方は多いと思います。車で使うのはもちろんですが、飛行機や電車など、座席に座って寝る時に、首を支えてくれる便利グッズ …

雷のイラスト

40km先の【雷】を探知する。雷レーダー「雷探くん」は、釣りや登山などのアウトドアで大活躍!

山猫は雷が嫌いです。部屋の中で遠くに光っている雷を眺めるくらいなら良いのですが、近くに、ドカンドカン落ちるのは怖いですよね。 以前、家の近くに雷が落ちて、PCが壊れた事もありました。。その時はいきなり …

机の下に避難する女性

防災! 地震が来たらテーブルの下に。。でも普通の食卓用テーブルの下は安全地帯なの?

目次 なぜ、地震が来たら机の下に隠れるの?一般の住宅でテーブルの下に隠れる時の問題点住宅の倒壊から身を守るにはテーブルの耐震能力をあげる工夫まとめ なぜ、地震が来たら机の下に隠れるの? 地震が来たら、 …

ブログ内検索

アーカイブ