山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

長期避難に役立つ防災グッズ 防災グッズ

防災!使い道はいろいろ。真空パックでコンパクトの防災用毛布は超有能

投稿日:2017年8月19日 更新日:

災害時の避難を支える最重要アイテムが、「毛布」です。

真夏以外では、布団として使ったり、防寒の為にくるまったり。ある程度のクッション性があって、暖かい毛布は、

大活躍です。もちろん、市町村などの自治体にも毛布は大量に保管してあって、避難所などでは借りる事も出来るのですが、

家にも備蓄しておけばもっと安心です。

普段使っている毛布でもよいのでは?

毛布などの布団は、普段も使っているのでそれを災害時にも使えばよいのでは?という考えもあります。

もちろん、災害時に普段使っている布団がそのまま使えればいう事ないのですが、、

地震の時に、布団が外に持ち出せる状態になっているかどうかは誰にも分りません。大地震の後は家の中はぐちゃぐちゃに

なってしまっている可能性も高いですから、布団が持ち出せないかもしれません。また、普通の布団はとてもかさばるので、

例え持ち出せたとしても、避難所に持ち込むのも一苦労です。

災害用に真空パックされた毛布があります。

では、災害用に毛布や布団を備蓄しようと考えますが、ここでまた一つ問題が。。

布団や毛布は、保存をちゃんとしておかないとカビちゃいますよね。。カビないまでも、長く保管しておいた布団や毛布は、

湿っていたり、匂いが付いていたり、すぐに使うにはちょっと気持ちが悪いものです。

そして、災害時はのんびり日干しに出来る状態でもありません。

そこで、登場するのが、真空パックされた毛布(フリースブランケット)災害備蓄用 フリース ブランケット 真空圧縮 防災用 毛布です。

真空パックになっており、圧縮されているので、普段の収納はかなりコンパクトになっています。なんと圧縮されたサイズは25cm×25cm×4cm

この状態で10年間は保管できます。(メーカー保証が10年間なので、実際はもっと保管しても大丈夫では?)そして、パックから取り出せばすぐに毛布として使えるとても便利な毛布です!

広げたサイズは、140×200cm 素材はフリースなので、とても軽量なブランケットです。

避難所で、毛布が全員に配られるかどうかわかりませんから、自衛のために毛布を保管しておくというのも重要です。

少し、違うタイプですが、袖がついていて、着た状態で作業をしたり、くるまったりしやすいタイプの毛布もあります。

圧縮パック毛布(10枚 単価1780円 フリースタイプ) まとめ買い・大量注文・一括購入/防災害用品

一見、ちょっと変わった毛布ですが、袖が付いているのは意外と便利です。毛布にくるまって作業するときに毛布がずり落ちないですし、腕が寒くありません。

布団として敷かれていると、袖の部分がなんだか変な感じなのですが、、使ってみると、なるほど!と思う便利商品です!

以上今回は、災害時の必需品。防災用毛布についての記事でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。
もしよろしければ、他のページもご覧ください。

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-長期避難に役立つ防災グッズ, 防災グッズ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家具の転倒防止

防災! 家具の転倒防止対策が難しい理由!

8月も後半。防災の日(9月1日)が近づいてきました。 災害への備えというのは、災害が起こらなければ必要ない物なので、どうしても後手後手にまわりがち。 毎年防災の日を迎えては、ちゃんとやらなきゃ!と思う …

pioma非常灯全景

災害や停電の時用の必需品!地震や停電の時に自動点灯する非常灯

災害、停電時の必需品!停電になると自動的に点灯するライト 地震の時や、停電の時は突然、真っ暗闇になります。地震の時は部屋がぐちゃぐちゃになっているかも。そんな暗闇の中で懐中電灯を探すのは大変ですよね。 …

寝袋

防災! 避難所でゆっくりと眠るために。床や段ボールの上に寝るのは予想以上に厳しいです。。

地震などで自宅ですごせなくなった場合、避難所で寝泊まりしなければいけないかもしれません。 避難所というと、学校の体育館に床に、毛布などをひいて雑魚寝というイメージがありますよね。。 でも、床に雑魚寝と …

無線受信機イラスト

消防無線がデジタル化された今、広帯域無線受信機は役に立たないのか?

電波はどのように使われている? 災害時の情報収集ツールとして、山猫が最も重要と考えるのが「ラジオ」 今までも、防災用に適したラジオをいくつか紹介してきました。普通ラジオと言うと、FMやAMのラジオ放送 …

焚火

燃料は無限!二次燃焼で小枝や枯れ葉を完全燃焼させる高性能キャンプ用薪ストーブ【ソロストーブ】防災用としても最適です!

このブログでは、防災用としていろいろな種類のコンロやストーブを取り上げてきました。災害時、火を使うのは火災のリスクがありますが、調理や、暖房として火はどうしても必要です。 定番は、カセットコンロ。カセ …