山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

帰宅支援に役立つ防災グッズ 長期避難に役立つ防災グッズ 防災グッズ 防災コラム

防災に適した寝袋はどれだ?

投稿日:2017年8月1日 更新日:

前回の記事では、ダンボールベッドについてかきました。

ダンボールベッド!お住まいの自治体に、協定を結んでいるかどうか確認してみよう。

ダンボールベッドは、避難所の環境を劇的に変える力があります
冷たくて硬い床に雑魚寝する事と比べたら、雲泥の差があるのです!

夏であれば、ダンボールベッドに毛布やタオルケットを引くだけで、かなり快適な環境を作ることが出来るのですが、、

問題は、寒い季節ですね。地方によって冬の気温には差がありますが、沖縄を除けば、やはり冬は結構寒いもの。
ダンボールベッドは地面から離れているので、床に直接寝るよりは暖かいのですが、外気温が下がれば、やはり寒いです。

簡単な毛布では、寒さに震えてしまいます。そこで登場するのが、寝袋

防災用に適した寝袋とは?

寝袋と言うと、頭まですっぽりと覆ったマミータイプの寝袋や、封筒方の寝袋が思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか?

寝袋

・マミータイプは、すっぽりと体を覆うので暖かく、また収納がコンパクトになるという特徴があります。
・封筒型は、保温性と言う面ではマミー型に劣りますが、ある程度寝袋の中で移動できるというメリットがあります。

いったいどちらが、防災用として適しているのでしょうか?

防災用品をしまっておくという観点からは、マミー型が優れていますが、マミー型は一旦入ってしまうと身動きがとりにくいという弱点があります。寝袋を開けるだけでも一苦労ですしね。

余震が続くような環境では、マミー型の寝袋はちょっと怖いというのが山猫の感想です。一刻も早く屋外に逃げなきゃ!という場面ではマミー型はすごい不利ですね。

では、封筒型はどうか?と考えると、マミー型に比べると、ある程度動きやすいですし、寝袋から出るのも簡単です。
ただ、保温性という点では、ちょっと物足りない製品が多いのです。

どちらも、寝袋としては悪くないのですが、防災用としては、もう少し良いものがないかと探してみました。

人型の寝袋が売っていた!

寝袋といえば、袋型のものしか知らなかったのですが、実は人型のものも売られています。
着ぐるみみたいな、寝袋といったら分かりよいでしょうか?

着たまま動けるというものなので、避難所にはもってこいです
室内であれば防寒着の代わりにもなりそうです!すっぽりと身体を覆ってくれるので、普通の防寒着より暖かそう!

寝袋は、対応温度がいろいろある。

寝袋を選ぶときには、寝袋の対応温度に気をつける必要があります。寝袋には、真冬の登山で使えそうな暖かいものから、気持ちのよい季節でキャンプに使えそうなものまでいろいろ種類が有ります。

寝袋のカタログには必ず、適正温度目安が書かれています。
住んでいる地方と、冬の気温を考えて、寝袋を選ぶ必要がありますね。

※避難所の場合は、寝袋と毛布を組み合わせたり、マットを組み合わせたりすることも出来るので、ある程度までの温度は寝袋でカバーして、更に毛布を重ねるという使い方もありだと思います。あまり真冬用のあったか寝袋を買ってしまうと、冬以外の避難では暑くて使いにくいかもしれません。

お勧めの人型寝袋


キャプテンスタッグ 寝袋 洗える人型シュラフ 180 ネイビー×グレー [最低使用温度10度] 【Amazon.co.jp限定】M-3476


キャプテンスタッグ 寝袋 洗える人型シュラフ 140 子供用

キャンプ用品で有名なキャプテンスタッグが出している、人型寝袋です。最低使用温度が10℃からと少し高めの製品ですね。キャプテンスタッグには、子供用の人型寝袋もラインナップされています。

ロゴス 寝袋 ワンピースシュラフ・6[最低使用温度6度] 72600510

ロゴスも有名なキャンプ道具メーカーですね!ロゴスが出しているのは、最低使用温度が+6℃のロゴス 寝袋 ワンピースシュラフ・6[最低使用温度6度] 72600510

マイナス6℃のロゴス 寝袋 ダウンワンピースシュラフ・-6[最低使用温度-6度] 72600500が販売されています。


ロゴス 寝袋 ダウンワンピースシュラフ・-6[最低使用温度-6度] 72600500

キャプテンスタッグの人型寝袋と比べると、全体的に分厚くて暖かそうなデザインです。

 

寝袋だけでは。。マットも必要

ダンボールベッドがあればそれでよいのですが、床に寝る場合は、寝袋だけだと背中が寒いのです。体の重みで背中側がつぶれてしまうと、保温力がぐっとさがってしまうのですね。。

そこで、寝袋を買う際には、マットも同時に準備しておくのが良いと思います
このマットもいろいろな種類があって、選ぶのに迷うのですが、ある程度良い物を買っておくと、暖かいですし、クッションもしっかりしていてかなり寝やすくなると思います。

praise(プレイズ) アルミレジャーマット アルミ蒸着 レジャーマット イス テント キャンプ キャンピングマット サンシェードテント ワンタッチ 寝袋 車中泊 15mm ブラック

以上今回は、防災に適した寝袋の記事でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。
もしよろしければ、他のページもご覧ください。

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-帰宅支援に役立つ防災グッズ, 長期避難に役立つ防災グッズ, 防災グッズ, 防災コラム
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アイマスクの画像

防災! 避難所での必需品【アイマスク】特に真っ暗でないと寝付けない方にとっては必須アイテムです。

以前、避難所での睡眠に欠かせない耳栓の記事を書きました。  山猫おソーラーの備えるブログ 防災! 避難所での必需品【耳栓】の選び方!シリコン粘土の耳栓は耳が痛くならなく…htt …

ポリ袋のイラスト

防災! ポリ袋(ビニール袋)は災害時の必需品。色々なサイズを多めに備蓄しておきましょう

今更説明の必要もないくらい、あなたの生活になくてはならないのが、「ポリ袋」一般的にはビニール袋と呼ばれていますが、実は今流通しているスーパーの袋やごみ袋はビニール袋ではありません。この場合のビニールと …

エネループのイメージ

防災!だけじゃない。あまりにも革新的なエネループ(ニッケル水素電池)用充電器!エネロイド

最近はエネループなどの充電式の乾電池を使う事が増えてきましたよね! 防災用としても、懐中電灯、ランタン、ラジオなど、乾電池で動く物がたくさん。 充電池自体もだいぶ安くなってきたので、大量に購入してあら …

寝袋

防災! 避難所でゆっくりと眠るために。床や段ボールの上に寝るのは予想以上に厳しいです。。

地震などで自宅ですごせなくなった場合、避難所で寝泊まりしなければいけないかもしれません。 避難所というと、学校の体育館に床に、毛布などをひいて雑魚寝というイメージがありますよね。。 でも、床に雑魚寝と …

ランタンのイメージ画像

活躍するのは災害時だけではない?防水のLEDランタン。しかもソーラー付き

本ブログでは、別記事でも災害時に役に立つ照明器具の紹介をしています。災害や停電の時用の必需品!薄型、軽量、高性能なソーラーパネル付きの照明器具  山猫おソーラーの備えるブログ 災害 …