山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

帰宅支援に役立つ防災グッズ 防災グッズ 防災コラム

防災! 災害時の帰宅ルートは事前に確認するべし!~家に帰るための地図~

投稿日:2017年8月4日 更新日:

本日は、災害時の帰宅ルートの話題。

大地震などの災害が起こった場合は、公共の交通機関はすべてストップしてしまいます。
東日本大震災の時の東京はひどいものでした。電車が止まってしまったため、沢山の人が歩いて帰宅しましたね。
私もその1人だったわけですが、東日本大震災の時は、道路は普通に歩けました。人ごみで歩きにくかったっと言う事はありましたが、
瓦礫で道が塞がれているわけではないですし、いたるところで火災が起こっていたわけでもありません。

でも、家まで帰るのは本当に大変だったと思います。朝まで歩いてようやく家にたどり着いたという方もいたと聞いています。

帰宅難民という言葉も出来たくらい大変な状態でした。。。

では、東京の直下型地震が起こったらどうなるのでしょうか?
電車が動かなくなるのは当たり前。沢山の建物が壊れ、停電で何も見えない。沢山の火災が発生しているかもしれません。
そのような状態になった時に、家に帰り着くのは容易ではありません。家の方角に歩くだけでも難しい。

普段のシミュレーションが大切

震災の時に初めて、会社から帰るルートを考えるのでは遅い。事前に、徒歩で自宅まで帰るルートを考えておくことはとても重要です。
自宅が遠い場合、夜間の歩行はとても危険ですので、朝まで避難できる避難所を事前にチェックしておくということもとても大事な事です。(会社の建屋が無事であって、火災の危険がなければ、なるべく移動しないというのも良い選択枝ですが、避難せざるを得ないということも考えておくことが大事。)

帰宅ルートの確認

帰宅ルートを考えるときは、地震が起こったとき、その道が安全かどうか?という見方で考えた方がよい

崩れやすそうな塀はないか?とか、ガスなどの危険な施設の横を通るルートになっていないか?とか、高架下などを通ることはないか?

また、道中に一時的に避難できる学校などの施設があるかどうかを確認することも大事な事。
普段の状態なら、楽々歩ける距離でも、地震の後は上手くいかない可能性もあります。瓦礫などに注意して歩くのはそれだけで神経を使いますし、通りたい道がふさがっていて、遠回りをしなくてはいけないかもしれません。
だから、帰り道の一時避難場所の確認は重要なのです。

今どこにいるか分からない。

普段、電車などの公共交通機関で会社に行っている方は、徒歩で帰ろうとすると、自分の居場所を見失ってしまう可能性が高い。

もともと知らない道ですし、距離感もわかりません。大通りが通れればまだ良いのですが、回り道を余儀なくされて知らない道を歩く可能性もあります。

google mapなどの普通のスマホ用地図は災害時には使えない

今は、スマホで地図を確認できる時代。どこに行くにもgoogle map(または他のスマホ用地図)さえあれば大丈夫!GPSで現在位置も正確に分かるので言うことなしです!

でも、地震などの災害時はgoogle mapなどの地図が使えなくなる可能性が高いのです。なぜかと言うと、google mapなどの地図は、地図情報を携帯の電波で送ってくるからです。地震などで、携帯の基地局が使えなくなると、普通のスマホの地図も使えなくなってしまうのです。

帰宅支援用の地図があります。

地図で有名な昭文社からはかなり前から、帰宅支援用地図を販売しています。紙の地図も毎年更新されて販売されています。
スマホが使えない状態でも、アナログの地図なら見ることが出来ます。この地図は徒歩で自宅に帰るということを念頭に書かれていますので一冊持っていれば安心ですね。

防災 地図 | マップル (帰宅支援マップ 首都圏版)

でも、今は、スマホのアプリで帰宅支援用の地図が出ているのです
昭文社の帰宅支援地図をアプリにしたものですね! iPhone用とandroid用が販売されています!

帰宅支援マップアプリ

実は、この地図、携帯基地局がダウンしても使うことが出来るのです!
地図データを、すべてスマホ上にダウンロードしているので、地図を見るときは、携帯基地局と通信する必要がないのです。

そして、現在自分がいる場所を表示することも出来ます。スマホの現在位置表示は、GPSという、宇宙に浮かんでいる衛星の電波を使っています。この衛星は地震の影響を受けないので(当たり前ですが)災害時でもGPS機能は使うことが出来るのです

この、現在位置が分かるという機能は、ほんとにありがたい機能だと思います。
地震で街の風景が変わってしまっているかもしれないわけですから、自分の場所を正確に知ることが出来るというのは本当にありがたい。
一時避難所などを探すときも自分の今の場所が分かっているかどうかというのは、とても大事だし、安心できますよね!

また歩いた場所の軌跡が表示出来たり、目的地(事前に登録しておく)がどの方向にあるか?も表示する事が出来ます。

このスマホ用帰宅支援マップは、現在、首都圏版、中京版、京阪神版が発売されています。

ご興味のある方は、以下のサイトへ!
昭文社の紹介ページへのリンク

以上今回は、地震などの災害時に自宅へ帰宅するための助けになる、帰宅支援マップアプリの紹介でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。
もしよろしければ、他のページもご覧ください。

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-帰宅支援に役立つ防災グッズ, 防災グッズ, 防災コラム
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

防災コラムイメージ画像

災害時の「救助作業の3種の神器」大切な人を助け出すためのツールをまとめてみた

災害時に近隣の住民が倒壊した家屋から助け出された人は意外に多い! 災害時の救助作業と言うと、自衛隊や消防の方の活躍がメインなのでは?と思う人が多いと思います。 確かに、日本のレスキューは世界的に見ても …

車中泊の絵

防災! 車中泊の危険、熱中症を防ぐには?窓を開けたいけど虫が心配。。自動車の窓に取り付ける網戸を試す

このブログでは、災害時の車中泊についていくつか記事を書いています。 災害時の避難生活に車中泊を選ぶ人が増えています。自家用車は避難所と違ってある程度プライバシーも保てますし、少しぐらい大きな声を出して …

火災

防災!通電火災を防ぐには?自動でブレーカーを落とす便利グッズ!

通電火災とは? 通電火災とは、大規模な地震などに伴う停電が復旧し、通電が再開される際に発生する火災のこと。 この通電火災が注目されたのは、阪神淡路大震災の時です。阪神淡路大震災の時に原因が特定された5 …

キャンプ用折り畳み椅子のイメージ

防災! 地べたにずっと座り続けるのはきついです。忘れがちですが避難時に椅子は必須です!

想像してください。避難所の固いコンクリートや、ブルーシートの上で座る姿を。。 短時間なら、なんとか耐えられるかもしれませんが、避難生活は長期にわたる可能性もあります。 冷たい地面に座り続けるのは体によ …

GPS Bot 写真

テレビでも話題!超安価な、みまもりGPS [Bsize GPS BOT]を試す(レビュー記事)

子供のみまもりGPSが欲しい! 今回は防災ではなく防犯グッズですね。 子どもの居場所をGPSで見守る。まさか。こんな時代が来るとは。。 子どもをめぐる犯罪が多発している今日、子どもが無事に家に帰ってく …