山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

長期避難に役立つ防災グッズ 防災グッズ

防災! 汚れた水を飲み水に変える?携帯型浄水器2 ピッチャー型 セイシェル「ホームピッチャー浄水器」

投稿日:2017年8月12日 更新日:

本ブログでは、以前汚れた水を飲み水に変える携帯型浄水器として、ストロー型の携帯浄水器「ライフストロー」を取り上げました。

ストロー型の携帯型浄水器は、軽量、コンパクトでとても便利。

でも、汚れた水を直接ストローで吸って使うという特性上、浄化した水をためておくことは苦手。。

小さいお子さんの場合、ストローで吸うという行為も一苦労ですよね

そこで、今回は切り口を変えて、ピッチャー型の携帯浄水器を取り上げます。

ピッチャー型の浄水器は、最近ホームセンターでもよく見るようになってきましたが、そのほとんどが、水道水をさらにおいしくするという商品。

災害が発生して、水道が使えなくなった時に、汚れた水をどの程度綺麗にしてくれるか、データを公表しているメーカーは多くはありません。

今回紹介するのは、アメリカ セイシェル社が発売している、セイシェル「ホームピッチャー浄水器」【日本正規品】です。

そもそもピッチャー型の浄水器とは?

ピッチャー型の携帯型浄水器とは、簡単に言えば、フィルタのついたピッチャーです。上部の蓋から水を入れていくと。。

フィルタを通過して綺麗な水がピッチャーに溜まるという仕組み。仕組みは簡単ですね。

ピッチャーにたまった水は自由に使う事が出来ますし、他の容器に移し替える事も出来ます。とても簡単なしかけなので、想像できない!という方は少ないでしょう。

防災用として考えた場合、きもになるのはフィルタです。

元々飲料水用として供給される水道水ではなく、川の水や井戸水、池の水等、水道水に比べればはるかに汚れている水を綺麗に出来るのか?

という点が焦点になります。特に、病気の原因となる、各種の菌をどこまで除去できるかが決めてになります。

山猫のおすすめ!


セイシェル「ホームピッチャー浄水器」【日本正規品】

今回紹介する、セイシェルの浄水器は、どの成分をどのくらい除去できるか?という測定データが公表されています。

一例をあげると、、

・病原性大腸菌(0-157を含む) 除去率 99.999997%

・ヒ素 除去率 91.80%

・ベンゼン 除去率 98.84%

などなど、70種類くらいの物質についての除去率が公表されています。

なんと、セシウムなどの放射性物質も除去できるという優れものです!

防災用として考えた場合、おいしい水が飲めるという事も重要ですが、最も大事なのは「安全な水」です。

水が原因で、病気になってしまったら、とても困る事です。

色々な物質についての除去率データが公表されているというのは、大きな安心材料ではないでしょうか。

使い方は、簡単。上部の蓋から、汚れた水を入れるだけ!ピッチャー部に溜まった水はすでにきれいになっています。

但し、水なら何でもよいわけではありません。塩水や温水、魚の住めなくくらい汚れた水には使えないと言う点には注意です!

セイシェル ホームピッチャー浄水器の仕様

●サイズ:高さ270mm×横幅270mm×奥行135mm
●空重量:810.5g
●容量:3.78リットル
●耐熱温度:70℃
●材質:水槽 / ABS樹脂
カバー / ABS樹脂
ハンドル / ABS樹脂
フィルタバック / ABS樹脂
フィルター / 活性炭
●ろ過能力:約567リットル
●製造元:アメリカ(セイシェル社)

水をためるタンク部分があるので、ストロー型の携帯型浄水器と比べればはるかに大きいのですが、ピッチャーとして考えれば特に問題ありませんし、逆にかなりの水をためる事が出来るというメリットもあります。

濾過能力は567リットルと、十分な容量。一回の避難で使う分には問題ありませんし、交換用のフィルタも売られています。

水の容量は3.78リットル。(1ガロンという事かな?)とかなりの大容量。このボトルがあれば、家族全員分の水を作る事も難しくありません。

今回は、ピッチャー型 携帯型浄水器セイシェル「ホームピッチャー浄水器」【日本正規品】の紹介でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。
もしよろしければ、他のページもご覧ください。

~関連記事はこちら~

~記事まとめページはこちら~

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-長期避難に役立つ防災グッズ, 防災グッズ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エコノミークラス症候群

防災! 災害避難時の車中泊はあり?なし? エコノミークラス症候群が心配と言うけれど。。

地震などの災害時に、避難所でもなく、自宅でもなく、自家用車に寝泊まりする。それが車中泊ですね。災害時、多くの人が車中泊を選択しています。 でも、災害が起こると必ず話題になるのが、「エコノミークラス症候 …

ヘッドランプのイメージ

防災!災害時、避難や自宅に帰るための【ヘッドライト】選び方とおすすめ品。両手を空けられるヘッドライト(ヘッドランプ)は懐中電灯より使いやすい!

本ブログでは、過去記事で防災用品の必需品として、懐中電灯を取り上げました。  山猫おソーラーの備えるブログ  1 pocket防災の必需品!実際に役に立つ懐中電灯を選ぶh …

ミニバンのイメージ

防災!車中泊の必需品。プライバシーを守り、安眠出来る環境を作る「カーテン」

本日は災害時の車中泊を出来るだけ快適にする。というテーマの4回目 お時間のある方は1回目から順にご覧ください!  山猫おソーラーの備えるブログ防災! 災害避難時の車中泊はあり?なし? エコノ …

非常用持出袋

防災!非常用持出袋(防災セット)は自作がおすすめ!~Part5~ 防災セットを自作する【3】

非常用持出袋(防災セット)について考えるの5回目。 1回目の記事では、市販品の防災セットの中でお勧め出来るものを紹介しました。  山猫おソーラーの備えるブログ  1 po …

キャンドルのイメージ

防災! 震災時のろうそくの使用はとても危険!代わりに少量の水で光るLED電灯を備えるべし!

停電時の必須アイテム「ろうそく」。停電になったらろうそくを使えばいいや!と考えている方も多いと思います。 でも、仏壇や神棚を別にすると、普段から蝋燭をつかっている人は少ないですよね。最近は、停電が起こ …

ブログ内検索

アーカイブ