山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

オフグリッドソーラー

災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!その7「もう一度仕様を考える」

投稿日:2017年5月30日 更新日:

移動式オフグリッドソーラー仕様の見直し

「山猫おソーラーの備えるブログ」管理人の山猫です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

本ブログでは、災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラー装置(独立型太陽光発電装置)を作ろう!という趣旨で、まずはどのような装置をつくろうか?という所で検討を進めてきました。

まずは目標のおさらい

移動式オフグリッドソーラー 1号機の仕様(案)

  1. 大人一人で簡単に移動出来る事。
  2. 軽自動車に載せることが出来る事。(軽ミニバン)
  3. 出来るだけ安く制作できる事
  4. 4台のスマホ(携帯、タブレットも)を同時に充電出来る事
  5. バッテリーの電圧、バッテリーの充放電電流、スマホ(携帯)への充電電流量が確認出来る事
  6. 雨の日等、ソーラーパネルからの充電が期待できない場合でも最低1日は稼働出来る事

この仕様に行きついたいきさつは、災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!その2をご覧ください。

この仕様を実現すべく、ソーラーパネル /  バッテリーをどの程度の大きさにするか?について考えてきましたが、すべてを満たす事は難しい事が分かってきました。

ここで、今までの検討結果を元に得られた3つのパターンを上げていきたいと思います。

パターン1 : もりもり構成

  • ソーラーパネル 100W品(12V用) 1枚
  • バッテリー   12V100Ah 品   1ケ

仕様(1)~(6)を満たしているか?

  1. × バッテリーだけで、20kg~30kgくらいある。ソーラーパネルも含めれば40kgくらいになるはず。力のある方ならなんとかなるかもしれないが、災害時に避難所まで運ぶとなるとかなり厳しい重さ。
  2. × 載せることは出来そう。但し、持ち上げて車に乗せる時に腰を痛めるかも。。
  3. × 12V100Ahのバッテリーは結構高い。特に移動式であるため、バッテリー液が漏れない完全密封式のバッテリーを買うとすると、バッテリーだけで2万円を超えてしまう。。
  4. 〇 十分余力あり!
  5. 〇 この項目は、パネルとバッテリーには関係ないのでとりあえず 〇
  6. 〇 雨天時に1日フル稼働してもバッテリーの容量には余裕がある。

電気的には余力があるが、どこでも簡単に移動できるというものでは無くなっている。特に非力な人の場合、この構成は苦しい。

パターン2: バランス構成

・ソーラーパネル 100W品(12V用) 1枚

・バッテリー   12V50Ah 品    1ケ

  1.  バッテリーだけで、15kgくらい。軽くはないが、なんとか持てる重さ。バッテリーの大きさもだいぶコンパクトになるので、電気品を入れる容器もコンパクトにできる。ソーラーパネルは予想以上に大きいので、持ち運びに苦労するかも。
  2. △ 載せることは出来そう。100Ahのバッテリーに比べればかなり軽いので、容器にしっかりした取っ手があれば大丈夫では?
  3. △ 12V50Ahのバッテリーはまだまだ結構高い。特に移動式であるため、バッテリー液が漏れない完全密封式のバッテリーを買うとすると、バッテリーだけで1万円を超えてしまう。。
  4. 〇 十分余力あり!
  5. 〇 この項目は、パネルとバッテリーには関係ないのでとりあえず 〇
  6. △ 雨天時はバッテリーの状態をみながら使う必要がある。

大きさ、重さは、ギリギリ運用可能なレベルになりそう。但し、災害時のような非常時にうまく移動できるか?疑問が残る。。

パターン3 :   最小構成

・ソーラーパネル 50W品 (12V用) 1枚

・バッテリー   12V36Ah 品    1ケ

  1. 〇 バッテリーは、10kgくらい。これなら非力な方でも持てそう。ソーラーパネルも100W品の半分程度の大きさ。ほぼ正方形で自動車にも乗せやすい。
  2. 〇 かなりコンパクトな構成なので、載せる事に問題はない、後部座席にも載せられる大きさ。ソーラーパネルが小さくなるので、扱いやすい。
  3. △ 実は12V36Ahのバッテリーも完全密封式のバッテリーを買うとすると結構高い。もう少し安くなるとよいのだが。。
  4. × 4台同時は難しい。旧式のスマホであれば何とかなりそうだが、2台~3台の同時充電が限界か?
  5. 〇 この項目は、パネルとバッテリーには関係ないのでとりあえず 〇
  6. × 4台同時はもちろん無理。同時充電台数を2~3台に絞れば運用可能。

大きさ、重さは、悪くない。自動車に載せなくても台車である程度の距離を移動できるように作れるかもしれない。ただ、その分、スマホ、携帯の充電能力は劣る。。

どのパターンを制作する?

正直な所、山猫さんはパターン2 とパターン3で悩みました。どちらも選択としてはありですが、長所・短所がありますからね。。

そこで、お世話になっている安曇野電子さんに相談した所、、「両方とも作ってみれば!両方とも良い面があるわけだし、そもそも1つしか作らなくてその機械がいざというとき壊れちゃったら悲しいでしょ!」とのお言葉。確かにそうだなあと思います。でも予算が。。「パターン2の構成に近い部品は、うち(安曇野さんの事)が持っているから、それでまず作ってみて、その反省点を元にパターン3を作ってみたらどう?」というお話。確かに、1セット作ってみると、使いにくい点とか、改良点が見えてくるはず。

という事で、まずパターン2を制作して、使っていく内にでた問題点を見直してパターン3を制作する。という方針になりました。つまり (1号機と2号機を作る事になったのです。)

次回からは、具体的に1号機を設計していきます。と言っても大した設計ではないのですが。。

お楽しみに!

~続きの記事へ~

災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!記事一覧へ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村

※免責事項:ソーラー発電に限らず、電気を扱う機械の製作は、常に危険をはらんでします。万が一、事故が起きた場合、著者は責任を負えません。このブログは、オフグリッドソーラーの作り方について出来るだ詳しく説明していく予定ですが、このブログだけを参考にして、一人でオフグリッドソーラーを組み立てよう!と考えるのは危険です。出来れば電気の扱いに慣れた方と作業をしていただきたいと思います。どうしても一人で・・・という方は、出来るだけ小さなシステムから始める事をお勧めいたします。

また12V系のオフグリッドソーラー(最大18V)を組み立てるのは資格はいりませんが、24V系(最大36V)のオフグリッドソーラーの場合、組み立てには電気工事士の資格が必要になります。ご注意ください。



-オフグリッドソーラー
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!その18「電線の皮むき?どうしてますか?」

電線の皮むき。どうしますか? 皆様こんにちは。管理人の山猫です。 移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!の18回目です。 そろそろ、部品の説明も終わったことだし、組み立ての事を考えなくては!と言うこと …

モバイルバッテリー

移動式オフグリッドソーラーとモバイルバッテリー その1

せっかく作った移動式オフグリッドソーラー装置を何に使うか? 防災用の移動式オフグリッドソーラーの作り方の特集を続けてきました山猫です。 2017年6月13日の記事で、ようやく移動式オフグリッドソーラー …

災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!その15「ヒューズは大事」

ヒューズは大事! 皆様こんにちは。管理人の山猫です。 移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!の15回目です。今日は、オフグリッドソーラーにとって、とっても大事なヒューズの話です。 ヒューズってなに ヒ …

鉛蓄電池のイメージ画像

災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!その6「続続バッテリーを選ぼう」

続・バッテリーの選び方 皆様こんにちは、管理人の山猫です。災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラー(独立型太陽光発電装置)を作ろう!の6回目です。 今回は、前回に引き続きバッテリーの選び方です。 …

チャージコントローラ

災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!その9「チャージコントローラとは?」

オフグリッドソーラーの心臓部 チャージコントローラ 皆様こんにちは。管理人の山猫です。「災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラー(独立型太陽光発電装置)を作ろう!」の9回目です。 今回は、オフグリ …