災害時に役に立つカセットコンロ。普通のカセットコンロの弱点

カセットコンロ ローリングストック

(この記事の最終更新日は、2019年7月10日です。)

九州では大雨が続いています。普段、考えられない場所に水が出ています
なんとか、早く雨が止んで水が引いて欲しいのですが。。。被災されている方が
早く元の生活に戻れるようお祈りせずにはいられません。※2017年7月に書いた文章です。この記事は何度も追記修正を繰り返しているのですが、

2019年7月の追記時も九州で大雨。。なんとか被害が少ないと良いのですが。。。

雨雲レーダの画面を見て、改めて思ったのは、雨雲は流れてくるのではなく、生まれるのだということ。
前線の近くでは、次々と雨雲が生まれ大雨を降らせていることが分かります。

山猫の防災対策は、主に地震に向けられていますが、豪雨による洪水の被害というものもよく考えていかなくては。

さて、今日は防災用品の備蓄の話。カセットコンロです

カセットコンロ

防災の必需品 カセットコンロ。

カセットコンロは、ガスボンベさえあれば、手軽に火をおこせる。お湯が沸かせ、調理も出来る。防災の必需品だと思います。
夏場はともかく、まだ寒い時期に起こった東日本大震災では、暖かい食べ物や飲み物がとても重要でした。
地震が起こって、ただでさえつらい状況。そんな体力的、精神的につらい状況で、冷たい食事しか取れなかったらそれだけで参ってしまいます。
暖かい食事や飲み物の安心感と言うのは、とても大きいものです。
夏場は、夏場で今度は衛生面で問題が出てきます。備蓄された水もすぐに悪くなってしまいます。そんな時、ガスコンロで水を沸かすことが出来れば、少なくとも安全な水が手に入るわけです。

もちろんガスボンベをある程度備蓄しておかなければ、ただの箱になってしまうのですが

ガスボンベの備蓄は消費期限が長いため比較的やりやすい。念のためローリングストック法式(ローリングストックについては非常用食料の備蓄を難しくしている要因と解決法(ローリングストック法の紹介)を参照)を用いれば、常に新しいボンベを保管することが可能です。

山猫は、普段からカセットコンロを使っています。食卓で鍋を作るときは便利ですよね。もうだいぶ使い込んでいますが、
良くあるカセットコンロです。。

もちろん、普通のカセットコンロがあれば、災害時でも十分役に立ちます。
しかし、この、よく売られている廉価版のカセットコンロには、ちょっとした弱点があるのです。

その弱点は、気がついている人も多いのでは?山猫はバーベキューにカセットコンロを持ち込んだときに気がつきました。

風が吹いている日は、コンロのパワーがすごく落ちるのです

風で炎が揺らされるだけでなく、せっかくの熱が風で飛ばされていくのでしょう。
この問題は、災害時では大きな問題になりそうです。

家の中で調理が出来ればよいのですが、大きな地震の後は、余震が続きます。
東日本大震災の時は、本震かと思うくらい大きな余震が次々と起きました。

正直な所、建物の中にいるのは怖い。建物内で火を使うこともやはり怖い。火事のリスクを出来るだけ避けたいと思えば、外でコンロを使うことが多くなると思います。

そんな時、風によって、火が弱くなってしまうのはまずい。ガスボンベも貴重品ですので、なるべく節約したいところ。
そんな時役に立つのが、風に強いカセットコンロです

風に強いカセットコンロ。

カセットコンロと言えばイワタニですよね。他のメーカーも出しているとは思いますが、目に付くのはイワタニ製です。
いままで使ってきた安心感もありますし、いまさら他のメーカーに乗り換える気になりません。

そんなイワタニから、風に強いカセットコンロイワタニ カセットフー 風まるII CB-KZ-2が販売されています。

2019年7月現在 6000円くらいで販売されています。じりじりと値段が上がっている気がしますね。。需要が大きいのかな?

イワタニ カセットフー 風まるII CB-KZ-2

風の流入を防ぐ、二重の壁がついています。

メーカーのホームページによると、二重の壁で、風の流入を防ぎつつ、燃焼に必要な空気は取り込める構造になっているとこの事。しかも、持ち運びや保管に便利なキャリングケースも標準装備しています。

普段使いも出来ますし、バーベキューなど屋外で使用する際も大活躍です。風で火が倒れないので安心感もありますよね。

ちなみに、イワタニのホームページで「風まる」がどれくらい風に強いのか?実験した記事が載っています。

~条件~

・80cmの距離から扇風機の「強」の風を当てる。

・水1リットル(直径22cmの両手鍋を使用)

扇風機の強の風というと、かなりの風量がありそうですね。そんな条件で普通のカセットコンロと、風まるで、どれくらい温度上昇に差がでるか?という試験をしています。それによると。。。

風まるは、約8分で沸騰(100℃)に到達

通常バーナー品は、15分たっても、水温は10℃もあがりません。。。

風の強い中では、通常バーナーのカセットコンロは役に立たないのが分かります。

 

もしアウトドアに凝っていて、かっこいいカセットコンロがよいのならば、イワタニ カセットフー マーベラスII CB-MVS-2が良いと思います。

収納箱が一体となっていて、蓋が風よけにもなります。なんといってもかっこいい!

イワタニ カセットフー マーベラスII CB-MVS-2

ただ、2019年7月現在の実売価格は14000円くらい。ちょっとカセットコンロにしては高すぎるかな。。
山猫はイワタニ カセットフー 風まるII CB-KZ-2で、十分だと思います。

以上今回は風に強いカセットコンロのご紹介でした。

 

どうせ、カセットコンロを買うのなら、風に強いカセットコンロをお勧めします。

本日紹介した商品はこちら



ついでに、ガスボンベもやっぱりイワタニの純正品がお勧め。
山猫は安いガスボンベで何回か失敗しているので、イワタニの純正品を使うようにしています。

次回をお楽しみに!

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



コメント