山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

長期避難に役立つ防災グッズ 防災グッズ

防災! 忘れがちですが、非常用トイレの備蓄は超大事!

投稿日:2017年7月28日 更新日:

このブログでは以前、全国の自治体がトレーラー式の移動トイレを持つ!というビックプロジェクトの記事を書きました。

防災!みんなが元気になるトイレ プロジェクト!を知っていますか?


非常食は備蓄しているよーという方でも、非常トイレを備蓄している人は実はとても少ないのです。
食べたり、飲んだりしなければ倒れてしまうというのは感覚的に理解できるのですが、トイレが使えなかったらどうなるのだろう?と思い至るのは難しいですよね。

NHKが過去に行った調査によると、災害用のトイレを備蓄していない家庭は、83%もあるらしいです。逆にいえばわずか17%の家庭しか非常トイレを準備していないという事になります

住宅用トイレは、災害時は使えなくなる可能性が高い!

なんとなく、トイレは水さえ来ていれば使えそうな気がします。また、もし上水が止まってしまっても、風呂に溜めておいた水などで、流すことが出来るだろうと考えてしまいます。

でも、下水管が外れたり、ずれたりして、トイレの水が流れなくなってしまうという事も十分考えられるのです。

 

トイレが使えなくなると、衛生状態を保つのはとても難しい。衛生状態が悪くなると、避難環境はぐっと悪くなってしまいます。体調を崩したり、病気がはやったり。ただでさえ過酷な被災地での生活がもっと苦しいものになってしまう。

つまり、非常用のトイレを備蓄することは、非常食や水を備蓄するのと同じ位重要なことなのです。

非常用トイレってなに?

一般的に売られているのは、住宅用トイレにビニール袋をセットして凝固剤で固めるというもの。ビニール袋を取り替えることでトイレが汚れるのを防ぎます。(排泄処理袋 防災用トイレ袋と呼ばれています。)

では、どのくらいのビニール袋+凝固剤(排泄処理袋 防災用トイレ袋)を準備しておけばよいのでしょうか?

一般的には、一人当たりのトイレの回数はこんな感じ

・大 一日2
・小 一日5

トイレの度に排泄処理袋(防災用トイレ袋)を新しくすると、1人一日7個の排泄処理袋(防災用トイレ袋)を使うことになります。

4人家族が1週間使うことを考えると

7個×4人×7日 = 196個!
結構な数ですね。これだけそろえておけば安心ではありますが、ちょっと多いなあという気もします。

一回のトイレで、排泄処理袋(防災用トイレ袋)を交換するというのは衛生上はベストですが、非常時なのですからもう少し節約するというもの「あり」だと思います。
例えば、2回のトイレで交換するとか。大は1回だけど、小の場合は2~3回使うとか。いろいろ方法があると思います。

しかし、避難が1週間で終わるかどうかも分かりませんから、なるべく多めに準備しておいたほうがよいと思います。

住宅用のトイレが壊れて使えない事も考える。

排泄処理袋(防災用トイレ袋)は、住宅用トイレにビニールをかぶせて使うのですから、住宅用のトイレが使える(トイレとしてではなく、座る場所として)というのが前提です。でもいつも使えるわけではないですよね。

災害が発生したときに、住宅用トイレが壊れてしまうかもしれませんし、水が溢れて汚れてしまっているかもしれません。

その様な事を考えると、排泄処理袋(ビニール+凝固剤)だけでなく、非常用の簡易便座もあわせて準備しておくと安心だと思います。
好きな場所をトイレに出来ますしね!

おすすめの、防災用簡易トイレと排泄処理袋

本ブログでは、防災用簡易トイレと排泄処理袋として以下の商品をお勧めします。
排泄処理袋は、メーカーによって大きさも様々ですので、簡易トイレと排泄処理袋の両方を出しているメーカーをセレクトしました

お勧め簡易トイレ

サンコー 防災用 簡易トイレ 排泄処理袋 凝固剤付

サンコー 防災用 簡易トイレ 排泄処理袋 凝固剤付

組み立て式の簡易トイレです。側面はダンボールなので、濡れには弱いですが、座面はプラスチックでかなり頑丈な作りになっています。
ちょっと座面が低いのが弱点ですが、組み立て式なので致し方ない所。逆に子どもには使いやすい高さだと思います。
・お勧め排泄処理袋

サンコー 非常用 災害 断水 排泄処理袋 防災用トイレ袋 50回分 R-48

サンコー 非常用 災害 断水 排泄処理袋 防災用トイレ袋 50回分 R-48

50回分のパックなので、必要に応じて、数箱準備しておけば安心です。

防災用トイレ用のテントも準備しておくと安心

非常用簡易トイレは、どこでも設置が出来て便利。でもどこでもいいと言っても、広い部屋の片隅や、庭にポンと簡易トイレを置いて、今日からしばらくはここがトイレだよーと言われても、、特に女性は困りますよね。(ほとんどの男性も困るのですが。。)人が見ていそうなトイレってめちゃくちゃイヤですよね。。

そんな時に役に立つのが、簡易トイレの目隠しに使えるテントなんです。

簡易トイレ用テントはいろいろなメーカーから発売されているのですが、その中で山猫がお勧めするのが、[WolfWise] ポップアップテント シャワー ポータブルキャンプ ビーチ トイレ プライバシー テント 更衣室 アウトドア リュック シェルター (ブルー-1)です。

組み立ては、超簡単。ポールを組み立てる方式ではなく、エイ!っと開くだけで自動的にテントの形に変わります。簡単なテントですが、これがあるとないとでは大違い。安心して用を足せますね!

このテント、簡易トイレ用としても使えますが、簡易更衣室にもなります。避難所に移動した場合など簡易トイレが必要ない場合でも、プライバシー確保グッズとして使う事が出来ます。

ぜひ、簡易トイレと一緒にテントも防災グッズに加えて欲しいです。

まとめ

以上今回は、防災用の非常トイレについての記事でした。

ついつい忘れてしまう、非常用トイレの備蓄。。実はとっても大事な防災グッズなので、備蓄しておくことをお勧めします。

~今回の記事でご紹介した商品はこちら↓~

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
御時間がありましたら他のページも覗いてくれると嬉しいです。

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧へ

防災コラム 記事一覧


にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-長期避難に役立つ防災グッズ, 防災グッズ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無線受信機イラスト

消防無線がデジタル化された今、広帯域無線受信機は役に立たないのか?

電波はどのように使われている? 災害時の情報収集ツールとして、山猫が最も重要と考えるのが「ラジオ」 今までも、防災用に適したラジオをいくつか紹介してきました。普通ラジオと言うと、FMやAMのラジオ放送 …

防災 非常食のイメージ図

実は大人用よりも大事!幼児用非常食の準備をしていますか? 1歳から2歳の幼児を対象とした持出型非常食THE PAD 幼児用がおすすめの理由!

本ブログは、これまでも非常食についての記事をいくつか書いてきました。 災害時の食は超重要。人間は食べなければ生きていけません。でも、いままで紹介した非常食は大人用。子どもも食べられそうな物をチョイスし …

サバイバルシート

サバイバルシート(エマージェンシーシート)は災害時に役に立つのか?

皆さんはサバイバルシートをご存知ですか? 防災用品セットを買うと、大概ついてくる銀色や金色のシートの事ですね! このシートは、とても薄いのですが、身体に巻きつけるととても暖かく感じる魔法のシートなんで …

油圧ジャッキ

防災!災害時の救助作業の必需品。バールと一緒に揃えたい物は「ジャッキ」

阪神淡路大震災では、たくさんの人が建物の下敷きになりました。そして、建物から生還した人が35000人もいたのです。 その中で、近隣住民によって助け出された人は27000人。かなり多くの人が近隣住民によ …

災害時の電力供給!折り畳み式のソーラー発電機が進化して使いやすくなっている!

本ブログでは、災害時の発電用に小型のオフグリッドソーラーの自作をおすすめしてきました。  山猫おソーラーの備えるブログ 災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!記事一 …