山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

防災グッズ 電気関係の防災グッズ

防災用の主力LEDランタンはこれ!2017年夏版

投稿日:2017年8月26日 更新日:

本ブログでは、これまでもいろいろなLEDランタンを紹介してきました。

どれも山猫おすすめのランタンなのですが、、、ソーラー付きだったり、超コンパクトが売りの物だったり、かなり性能が尖っているんですよね。

ソーラー付きのランタンは、昼間屋外で充電しておけば、毎晩電池切れの心配をしなくて済む!というメリットがあるので、ぜひおすすめしたい商品の一つではあるのですが、主力のランタンとして使うにはちょっと暗いのです。どうしてもソーラーパネルのパワーに依存してしまうので、あまり明るく出来ないのですかね?確かに、一日、頑張ってソーラーで充電したけれど、ランタンを点灯したら1時間で電池が切れてしまった。。。では役に立ちません。

本日紹介するのは、単3型電池を使った普通のLEDランタン。この単3型というのは、どうしてもはずせないポイントなんです。LEDランタンは単1型の電池を使う大型の物もあるのですが、単一型の充電池(エネループなど)は一般的ではないのですよね。(一応売っているのですが。。)

災害時の備えとするので有れば、電池の種類は出来るだけ少なくしたい物。山猫がこれまで紹介してきた防災用電気機器は、単4型が単3型の電池で動く物がほとんどです。(18650といった聞きなれない充電池を使うものもありますが、、それは専用充電器とセットで紹介したので許してください。)

災害用の備蓄電池の種類を多くすると、管理が大変だし、充電器も専用品を用意しなければいけない。なるべく、防災グッズは少ない方が良いですから、ランタンは単3が使えるというのが、第一条件です。

ジェントスの今年の新製品は素晴らしい。

ジェントスはLEDランタンなどLED照明を作っている会社の中ではかなり有名なメーカー。最近はホームセンターやスポーツ用品店でも良く見るメーカーですね!

山猫もいままでジェントスのLEDランタンをいくつも使ってきたのですが、今年(2017年)に発売されたランタンは、いままでジェントスのランタンで不満に思っていたことがすべて解消されている、すごいランタンです!

それが、
ジェントス LED ランタン 【2017年モデル/3色切替/明るさ370ルーメン/実用点灯9時間/防水】 EX-136S

ちょっとランタンぽくないなあという第一印象。でも実はこの形状がポイントなんです。

今までのランタンはいかにもランタンというこんな感じ↓の物が多かったのですが、

この形って、石油を使うランタンの形にかなり影響されていますよね。。いかにもランタン!という形なので消費者にとっては安心できる形状なのですが、LEDならではのメリットが薄いのです。

LEDランタンの特徴の一つ。傾けても、ひっくり返しても大丈夫!という点を生かすなら上部の蓋からも光が出た方が良いのです。

キャンプなどでテントの天井からランタンをつるす場合、LEDランタンの場合は、上下をひっくり返して逆さまにつるすという技が使えるのですが、上部に不透明(光を通さない)の蓋のあるタイプだと、蓋の部分が影になってしまって、ランタンの真下が暗くなってしまう。その欠点を克服するためにカバーを外せるようになっているものもあるのですが、、カバーを外せるタイプはどこかにカバーを置いておかなくてはいけないのでちょっと不便だったのです。。。

2017年新製品のEX-136Sは、「上部カバーで影が出来るのが嫌なら、上部カバーを光を通す素材で作ればいいじゃない」という発想で作られた(想像ですが。。)ランタンなのです。

この商品のポイントは他にもあって、

・暖色LEDで370ルーメン:一般的に数値が出にくい暖色LED(電球色)で370ルーメンは立派。かなり明るく感じます。しかも、フルパワーで9時間点灯可能なのです。LEDの発色は、白色系の物が多かったのですが、暖色LEDの方が温かみがあって雰囲気がよいので山猫はなるべく暖色LEDのランタンを選んでいます。

・完全防水(IPX7) 水に浮く: 水に浮かす使い方が思いつかないのですが、、まあ浮かないよりは浮いた方がよいか。

・単三電池6本で動作:カタログにはアルカリ単三電池使用となっていて、エネループなどの充電池を使ってよいとも、使ってはダメとも書いてありません。防水能力が高いので、電池からの水素の発生がちょっと怖い点ではあるのですが、山猫家では問題なく使えています。(世の中のレビューでもエネループなどニッケル水素で問題なく使えているよ!という報告が。)メーカーに確認してみようかな。

・サイズはコンパクト:φ78.0×141.5mm ビールの350ml缶ぐらいの大きさ。この明るさで、この大きさはほんとに便利です。

LEDランタン点灯イメージ

LEDランタンの点灯イメージを写真に撮るのは難しいですね。本当はもっと暖かい色なのですが、勝手に色補正がかかって白っぽくなっています。

見ての通り、上部全体が光っているイメージ。ひと昔前のLEDランタンよりも明らかに明るいです。

家族も「こんなに小さいのに、すごく明るい!しかも電灯みたいな色がとてもいい!」と高評価!

防災用として備蓄しておくだけではもったいない。普段の生活やバーベキュー、キャンプなどでも活躍するコンパクトなランタンの紹介でした。

ジェントス LED ランタン 【2017年モデル/3色切替/明るさ370ルーメン/実用点灯9時間/防水】 EX-136S

最後までお読みいただきありがとうございました。

もしよろしければ、他のページもご覧ください。

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-防災グッズ, 電気関係の防災グッズ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

机の下に避難する女性

防災! 地震が来たらテーブルの下に。。でも普通の食卓用テーブルの下は安全地帯なの?

なぜ、地震が来たら机の下に隠れるの? 地震が来たら、机やテーブルの下に隠れる。これは常識。子どもの時、学校の避難訓練で叩き込まれた習慣ですね。 なぜ、机の下に隠れるかと言うと、地震で教室の照明や天井、 …

災害時の電力供給!折り畳み式のソーラー発電機が進化して使いやすくなっている!

本ブログでは、災害時の発電用に小型のオフグリッドソーラーの自作をおすすめしてきました。  山猫おソーラーの備えるブログ 災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!記事一 …

ランタンのイメージ画像

防災! 会社に置いておきたい、帰宅支援のためのランタンはこれ!

本ブログでは、これまでも災害時に使えるランタンの紹介をしてきました。  山猫おソーラーの備えるブログ 活躍するのは災害時だけではない?防水のLEDランタン。しかもソーラー付きhtt …

水のイメージ画像

防災! 汚れた水を飲み水に変える?携帯型浄水器2 ピッチャー型 セイシェル「ホームピッチャー浄水器」

本ブログでは、以前汚れた水を飲み水に変える携帯型浄水器として、ストロー型の携帯浄水器「ライフストロー」を取り上げました。  山猫おソーラーの備えるブログ 防災! 汚れた水を飲み水に …

防災 非常食のイメージ図

防災!非常用持出袋(防災セット)は自作がおすすめ!~Part4~ 防災セットを自作する【2】

非常用持出袋(防災セット)について考えるの4回目。 1回目の記事では、市販品の防災セットの中でお勧め出来るものを紹介しました。  山猫おソーラーの備えるブログ 防災!非常用持出袋( …

ブログ内検索

アーカイブ