防災!災害時の衛生管理。食器洗いに水を使いたくない!

食器洗いのイメージ 長期避難に役立つ防災グッズ

本ブログでは、災害時に必要な水の確保についていくつか記事をUPしてきました。

ただ、大量の水を確保するのは大変。必要のない所にはなるべく水を使いたくないものです。

今日は、、食器洗いに水を使わなくてよい方法はないか?というテーマです。

食器洗いのイメージ

最初は、水を使わなくても食器を綺麗に出来る方法を調べていたのですが、、、そんなうまい方法は見つかりませんでした。ウェットティッシュで拭いても完全に綺麗には出来ませんし、今度は大量のウェットティッシュが必要になるので本末転倒です。

そこに、コペルニクス的転回が!

食器を洗いたくないなら、食器を汚さなければ良いじゃない」おお!まさに発想の転換。

食器を汚したくないならラップを使う。

考え方は簡単。お皿やコップに食べ物や飲み物を入れる前に、あらかじめラップをひいておくというもの。お皿やコップの大きさに対して、ちょっと大きめにラップをカットしてお皿やコップの淵がラップで完全に隠れるようにするのがポイント。端がちゃんと隠れていないと隙間から汁が入っていってしまいます。

食べ終わったら、ラップを破かないようにそっと外してあげれば、お皿やコップはきれいなまま!洗う必要はありません!使ったラップはゴミになってしまいますが、もともとラップはとても薄いものなので、ごみの量も少なくて済みます。

同じように、紙コップと紙皿を大量に備蓄しておくという方法もありますが、紙コップと紙皿はゴミになると結構かさばります。ゴミの量は気にならないよ!という方は、紙コップと紙皿を使うというのも良い方法だと思います。

ただ、お箸は割りばしを使うのが無難。お箸やフォーク、スプーンにラップを巻くと食べにくい。。

ちなみに食器は、アウトドア用のプラスチック製の食器セットを準備しておくのがよいと思います。いつも使っている食器が使える可能性もありますが、地震で食器棚の中がぐちゃぐちゃになっている可能性もあります! 山猫が準備しているのは、キャプテンスタッグ 食器セット 【皿・ボウル・どんぶり・マグカップ・フォーク・スプーン各4個セット/ケース付】 レギュラータイムM-1201です。

非常用なので、あまり材質にはこだわっていません。スプーンやフォークはちょっと弱くて折れてしまいそうですが、コップや食器の強度は非常用としては十分。4人分の食器が一つのケースに収まるので保管も楽ちん。防災用の備蓄ですがバーベキューなどでも活躍しています。もうかなりの回数使用しましたが今の所強度的に問題はありません。防災用の備蓄としては十分だと思います!

備蓄用に適したラップ

そもそも、山猫はどこの会社のラップがよい!というこだわりはありません。大概買うのは、「サランラップ」か「クレラップ」ですが。。

たまに使っていた「日立ラップ」も使い勝手にそれほど差はありませんでした。このブログを読んでいる方も大方は同じじゃないかな?

山猫が調べた所、サランラップもクレラップも消費期限というのは特に定めていないそうです。なんとなく古くなると、ラップがくっついて使いにくくなるイメージだけど、

保存期間と、ラップがくっつくのは関係ないのかもしれません。

 

ただ、いくら消費期限がなくても、プラスチック製品なので新しい物の方が良い気がします。そこで、登場するのが、ローリングストック

ローリングストックとは、備蓄してある食料や水などを、古い物から順番に使って使った分を補充するという備蓄方法の事。本ブログでは過去にローリングストックについての記事をアップしていますのでもしお時間があればそちらもお読みください。

本ブログでは、食品や、カセットガスなどで、ローリングストックをするという方法をおすすめしてきましたが、これにラップも追加する事を提案します。

どの程度のラップを備蓄すればよいかは、家庭によって異なりますが、それほど場所をとる製品ではないので、出来るだけ多めに備蓄しておくことをお勧めします。(ラップは、お皿やコップを汚れないようにするだけでなく、いろいろな使い方が出来ますから!)

以上今回は、ラップを活用して食器洗いを省略できる方法についてお伝えしました。
最後までお読みいただきありがとうございました!
もしよろしければ、他のページもご覧ください。

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



コメント