山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

オフグリッドソーラー

災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!その14「USB カーチャージャー」

投稿日:2017年6月5日 更新日:

オフグリッドソーラーでスマホ、携帯に充電するなら!

皆様こんにちは。管理人の山猫です。移動式オフグリッドソーラーを自作するという連載も14回目。

まだまだ、その全貌は姿を見せていません。。いつになったら出来るのでしょうか?

今日は、オフグリッドソーラーで、スマホ、携帯を充電する時の必需品を紹介します。

山猫が作っている移動式のオフグリッドソーラーは、電圧 DC 12Vのバッテリーを使用しています。(このあたりの経緯は、連載最初から読むとわかるのですが、かなりのボリュームになっています。)

いくつかの理由から、DC 12Vのシステムを採用したのですが、その理由の一つが、豊富なカー用品が使えるという事。カー用品は沢山出回っている事もあって価格もこなれているし、種類も豊富。これを使わない手はありません。

さて、スマホや携帯を充電するには、DC 5Vが必要です。そして最近のスマホ用充電器のコネクタが大抵USBであることからわかるように、USBインタフェースがスマホ充電の標準みたいになっています。(もともとUSB は、電源を給電しつつデータのやり取りをするインタフェースだったのですが、最近は充電専用で使う事の方が多い気がします。)

カー用品には、実はスマホや携帯の充電器 (カーチャージャー)がたくさんあるのです。

山猫も、この手のカーチャージャーをいくつも使ってきました。DC5Vの出口はUSB IF(USB-A)なので、USB-A – Micro USBのケーブルを使えば、Android系のスマホやタブレットに。

USB-A  –  ライトニング(Lightning)を使えば、iPhone や iPadに充電が可能です。とっても便利です。ただ、いろいろなカーチャージャーを使った結果、

「充電できない!」「充電できるけど遅い!」「すぐに壊れた!」と、結構不満の残る製品が多かったのです。その中で、安定性、充電能力 どれも満足だったのが、

Anker のカーチャージャー

Anker 製品は、カーチャージャーも、モバイルバッテリーもとても安定していて、山猫の一押しです!

Anker PowerDrive 2 (24W/4.8A 2ポート USBカーチャージャー) iPhone&Android対応 (ブラック) A2310012

シガーソケットに直接刺すタイプの2ポートのチャージャーです。1port あたり、MAX2.4Aと、iPadも十分充電できる能力で、2port繋いでもフルパワー充電が可能な商品。

山猫も2年近く使い続けていますが、まだ現役で頑張ってくれています。あと、Anker製品で優秀だと思うのが、待機電力が小さい点。カーチャージャーとして使う分にはあまり気にならないけれど、オフグリッドソーラーで使う時は、この待機電力が曲者なんです。待機電力の大きい機器は繋いでるだけで、バッテリーが減っていってしまうので、待機電力の少ないAnker製品はオフグリッドソーラーとも相性がいいのです!

以前、Ankerは5port品(合計60Wだったかな?)を出していて、それも現役で使っているのですが、残念ながらそちらは廃番になっているよう。シガーソケットの仕様上、60Wの連続使用は発熱が心配なのかもしれません。

山猫 移動式オフグリッドソーラー2号機では、このカーチャージャーを2~3個使う予定。本当は5portくらい欲しいのですが、3連のシガーソケットを準備して、このAnker PowerDrive 2 (24W/4.8A 2ポート USBカーチャージャー) iPhone&Android対応 (ブラック) A2310012を並べるのも便利かもと思っています。少ないと言っても待機電力があるので、使わないポートは抜いておけると安心です。

実は、後継品が出ているのですが、これでも十分!しかも安い!という事でこの製品をお勧めします。

同じシリーズで3portタイプも出ています。テクノロジは2portタイプと同様で、1portあたりの出力電流も同じみたいですね。

Anker PowerDrive+ 3 (プレミアム 36W / 7.2A 3ポート カーチャージャー ) アルミニウムボディ iPhone 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus, iPad Air 2 / mini 3, Xperia, Android各種他他対応 (ブラック) A2231011

次回も引き続き、負荷の周りで使うグッズを紹介して行きたいと思います。

お楽しみに!

~続きの記事へ~

災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!記事一覧へ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村

※免責事項:ソーラー発電に限らず、電気を扱う機械の製作は、常に危険をはらんでします。万が一、事故が起きた場合、著者は責任を負えません。このブログは、オフグリッドソーラーの作り方について出来るだ詳しく説明していく予定ですが、このブログだけを参考にして、一人でオフグリッドソーラーを組み立てよう!と考えるのは危険です。出来れば電気の扱いに慣れた方と作業をしていただきたいと思います。どうしても一人で・・・という方は、出来るだけ小さなシステムから始める事をお勧めいたします。

また12V系のオフグリッドソーラー(最大18V)を組み立てるのは資格はいりませんが、24V系(最大36V)のオフグリッドソーラーの場合、組み立てには電気工事士の資格が必要になります。ご注意ください。



-オフグリッドソーラー
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鉛蓄電池のイメージ画像

災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!その4「バッテリーを選ぼう」

「山猫おソーラーの備えるブログ」管理人の山猫です。 今回は、オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電装置)を作ろう!その4です。今回のテーマは バッテリーを選ぼう! その3、ソーラーパネルを選ぼうの時に …

鉛蓄電池のイメージ画像

災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!その5「続バッテリーを選ぼう」

バッテリーの選び方 山猫おソーラーの備えるブログ。管理人の山猫です。 今回は、オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電装置)に不可欠なバッテリーの選び方の2回目になります。前回の記事では、バッテリーの種 …

災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!その11「電線の話」

オフグリッドソーラー 電線の選び方 管理人の山猫です。災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)を作ろう!その11 です。 今日の話題は、電線です。地味なテーマです!でも、とって …

災害時に役に立つ移動式のオフグリッドソーラーを作ろう!その2「どんな装置を作ろう?」

「山猫おソーラーの備えるブログ」管理人の山猫です。 今回は、オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電装置)を作ろう!その2です。 前回は、移動式のオフグリッドソーラーをつくる!という所までお話しました。 …

モバイルバッテリー

移動式オフグリッドソーラーとモバイルバッテリー その1

せっかく作った移動式オフグリッドソーラー装置を何に使うか? 防災用の移動式オフグリッドソーラーの作り方の特集を続けてきました山猫です。 2017年6月13日の記事で、ようやく移動式オフグリッドソーラー …