山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

防災グッズ 電気関係の防災グッズ

災害や停電の時用の必需品!地震や停電の時に自動点灯する非常灯

投稿日:2017年6月23日 更新日:

災害、停電時の必需品!停電になると自動的に点灯するライト

地震の時や、停電の時は突然、真っ暗闇になります。地震の時は部屋がぐちゃぐちゃになっているかも。そんな暗闇の中で懐中電灯を探すのは大変ですよね。ものすごい不安な状態です。そんな時にぼんやりと部屋を照らしてくれるライトがあったらどんなに安心するでしょう。

山猫は心配症なので、真っ暗闇の中に自分が置かれるのがとても怖いです。せめて懐中電灯が見つかるまで照らしてくれる電灯があったらと思いいろいろ探してみました。

「piomaのここだよライト」です。山猫はこの製品を2年くらい使っています。

pioma非常灯全景

丸みを帯びたシンプルなデザインです。裏側を見るとこんな感じです。

pioma非常灯背面からの写真

コンセントの挿し口が一番下にあります。よくある家庭用の2連コンセントの場合、上側のコンセントにこの製品を取り付ければ、下側のコンセントを別の電化製品用に使う事が出来ます。次はコンセントに挿した時の写真

pioma非常灯をコンセントに挿した時の写真
いつもはコンセントに挿しっぱなしです。コンセントに挿しっぱなしなので、常にこの非常灯の内蔵電池は充電されているというのがポイントです。
点灯している時はこんな感じ。

pioma非常灯を点灯させた時の写真

写真だと分かりにくいですが、すごく明るい!というわけではありませんが、ついていると部屋中がぼんやりと見えるくらいの明るさはあります。地震の時などは、床にいろいろな物が散乱しているはずなので、これだけの明るさでもあると無いとでは大違い。懐中電灯など非常用の照明を探すには十分な明るさだと思います。

この非常灯の良い点は、
(1)大きな地震がきた場合は、停電になっていなくても点灯・・・揺れを検知するセンサーが入っています。
(2)停電時は点灯・・・コンセントからの電源供給が止まると点灯します。
(3)暗くなると点灯・・・明るさを測るセンサが入っていて、暗くなると一定時間点灯します。

(1)(2)の場合は、約10分間 (3)の場合は、30秒くらいで消灯します。
(1)(2)は非常の時用で、(3)は就寝時の足元を照らすランプとして使用すると便利ですね。

(3)は、毎日使うことになるので、機械が故障していないかも分かります。また、本体のスイッチを操作する事で、普通の懐中電灯として使用する事も可能。(当然コンセントから取り外して使えます。)この場合の点灯時間は最長で6時間。

地震や停電の時は、自動でついている10分間の内にコンセントから抜き取って、普通の懐中電灯として使用するのが良いと思います。

山猫が使っているモデルは、既に旧モデルになっていて、新型は、もっと薄く、LEDは明るくなっているようです。AC用のコンセントが畳めるようになっているのも良いですね!

新モデルは、UBUKATA PiomaここだよライトS UGL3-Wです。

UBUKATA PiomaここだよライトS UGL3-W

この製品は、信頼のMade in Japan。その分ちょっと価格は高いですが、
いざと言うときに壊れて使えないのでは、お話になりませんから、信頼性にはこだわりたいのです。出来れば、部屋と廊下に何個かおいておきたい商品です。

以上今回は、災害時だけでなく、普段も役に立つ非常灯の紹介でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ
にほんブログ村



-防災グッズ, 電気関係の防災グッズ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

避難のイメージ図

防災!災害時に自宅に帰るために必要なグッズをまとめてみた

本ブログでは、災害時の為の非常用品の備蓄についていろいろな記事をアップしてきました。  山猫おソーラーの備えるブログ ローリングストック 記事一覧http://luchs.fxpr …

防災コラムイメージ画像

災害時の「救助作業の3種の神器」大切な人を助け出すためのツールをまとめてみた

災害時に近隣の住民が倒壊した家屋から助け出された人は意外に多い! 災害時の救助作業と言うと、自衛隊や消防の方の活躍がメインなのでは?と思う人が多いと思います。 確かに、日本のレスキューは世界的に見ても …

机の下に避難する女性

震災シェルターなる物が売れているらしい。条件を満たせば一般家庭でも補助金が!

地震の時困るのが、家屋の倒壊。阪神淡路でも東日本でも熊本でも日本各地で地震が起きるたびに、たくさんの家屋が倒壊してきました。 特に目立ったのが2階建ての木造住宅の1階部分がつぶれる壊れ方。 あなたも、 …

洗濯物のイメージ

たとえ災害時でも、ずっと同じ服を洗濯しないで着ていられますか?

今日は、避難中の洗濯について。。 災害時は、電気も水道も止まってしまいます。水はとても貴重品だし、電気が止まっているから洗濯機も動きません。 では、服の洗濯をあきらめなくてはいけないのでしょうか? も …

ポリ袋のイラスト

防災! ポリ袋(ビニール袋)は災害時の必需品。色々なサイズを多めに備蓄しておきましょう

今更説明の必要もないくらい、あなたの生活になくてはならないのが、「ポリ袋」一般的にはビニール袋と呼ばれていますが、実は今流通しているスーパーの袋やごみ袋はビニール袋ではありません。この場合のビニールと …

ブログ内検索

アーカイブ