山猫おソーラーの備えるブログ

防災ブログ。災害や停電などのリスクに備える情報を発信しています。オフグリッドソーラー(独立型太陽光発電)の自作(DIY)の詳細記事も充実。今までにない切り口で防災、災害を考えます!

長期避難に役立つ防災グッズ 防災グッズ 電気関係の防災グッズ

バッテリーが上がった車。ブースターケーブルで他の車と繋ぐのはもう古い?

投稿日:2018年1月15日 更新日:

こんにちは。山猫です。

車を運転する人なら、どうしても避けて通れないのがバッテリー上がり。自動車のバッテリーの電圧が下がってしまい、セルを回してもエンジンが掛からない状態ですね。。

最近のバッテリーはかなり高性能になっているので、バッテリー上がりなんて経験したことない!という方も増えているのかなあと思いますが、

バッテリーの劣化や、ランプの消し忘れなどで、バッテリーが消耗してしまう可能性は常にあります。

山猫は今までに数回、バッテリー上がりの車を救出しました。(幸い、自分の車ではまだないです。)バッテリー上がりの車の救出は、同じくらいのエンジンを持つ自動車のバッテリーとブースターケーブルで繋いで、バッテリーの上がった車に電力を供給するという方法が一般的。

山猫も当たり前のように、ブースターケーブルを車に積んでいるのですが、、

2台の自動車をブースターケーブルで繋ぐのは意外と時間がかかるもの。まず、電力を融通してくれる車を探さなくてはいけませんし、その車とバッテリーの上がった車を横付けして、ケーブルで結んでと、結構手間のかかる作業ですよね!

まあ、バッテリー上がりの頻度は高くはないので、仕方がないとも思っていたのですが。。

防塵、防滴構造のハイエンド ジャンプスターター

最近、すごい商品を見つけてしまいました。それが、、suaoki U10 ジャンプスターター モバイルバッテリー 20000mAh大容量 12V車 逆接続保護 コンパス搭載 防塵 防滴設計 スマホ タブレットなどへの充電 LEDライト ブルーです。

見た目は、ちょっとタフな感じのモバイルバッテリーという感じ。実際、USBポートも備えていて、大容量のモバイルバッテリーとしても使う事の出来る商品なんです。

でもその最大の特徴は、自動車用バッテリーのブースターケーブルとして使える点!わざわざ他の車の応援を頼まなくてもバッテリーが上がった自動車を始動出来るのです。

今回紹介するのは、ジャンプスターターの中でも容量の大きな、20000mAhのモバイルバッテリーを積んだタイプ。

 

このジャンプスターターだけで、最大800A電流供給で20回程度、自動車の始動を行う事が出来るのです!始動可能なエンジンは、ガソリン車で6000cc(6リットル) ディーゼル車で5000cc(5リットル)との事。自家用車で6000cc以上の車はあるのか山猫にはわかりません。ランクルでも4.6リットルだしなあ。つまりほとんどの乗用車であれば、このジャンプスターターで起動できるという事になります!

もちろん事前にジャンプスターター内のバッテリーを十分充電しておく必要はあるのですが、これだけの回数エンジンの始動が行えるのは心強いですよね!

まわりに救援してくれそうな自動車がいない場合でも、このジャンプスターターを持っていれば自力で脱出できる可能性があると考えると、安心感が違います!

もちろん普段は、大容量のモバイルバッテリーとして、スマホや携帯の充電ができますし、LEDライトや方位磁石までついています。(磁石が必要なシチュエーションはなかなか思いつきませんが。。)

ただ一つの問題は、USB経由での充電ができない点。

充電は、付属のACアダプタか、自動車のシガーソケットを使う必要があります。普段から、このジャンプスターターを充電してなるべく満充電をキープするような工夫が必要だと思います。

普通のモバイルバッテリーではあまりお目にかからない、防滴構造なので、アウトドア用のモバイルバッテリーとして使うというのもお勧めです。

もちろん災害時でも、これだけの容量があれば、かなりの活躍が期待できます。細かい事に構っていられない災害時だからこそ、防滴構造は嬉しいですしね!

USB充電が出来る、小型のジャンプスターターもあります。

↑で紹介した、suaoki U10 ジャンプスターター モバイルバッテリー 20000mAh大容量 12V車 逆接続保護 コンパス搭載 防塵 防滴設計 スマホ タブレットなどへの充電 LEDライト ブルーは、確かに高性能ですが、価格が少々高い(8500円程度 2018年1月アマゾン価格)もしもの為の備えにここまでお金を出すのも。。という方も多いのでは?

また、普通のモバイルバッテリーと違い、USB経由での充電ができない点も気になります。

そんなあなたにお勧めするのが、suaoki K12 ジャンプスターター 逆接続機能搭載 12V車用 コンパクト 8000mAh スマホなど緊急充電 LEDライト付 日本語取扱説明書対応【12ヶ月保証】です。

ブースターケーブルが付属している以外は、普通のモバイルバッテリーと変わりありません。電池の容量は8000mAhですので、スマホを2回~3回充電できるくらいの容量。ほとんどのスマホが充電できるUSB-A 5V 2.1Aのポートが1ポート準備されています。

肝心のジャンプスターターとしての機能ですが、スタート電流150A 2500cc (2.5リットル)までのガソリン車を起動できるとの事。最近はエンジンの小型化が進み、ミニバンでも2.5リットル以下のエンジンを積んでいるものが増えてきていますので、このジャンプスターターで対応できる場合が多いのです。

一応小型のLEDライトもついています。山猫はモバイルバッテリーにLEDライトは不要だと考えているのですが、ジャンプスターターに関しては例外!夜間にエンジンが掛からなくなった場合、ライトでボンネット内を照らしつつ、ブースターケーブルをセットする必要があるので、LEDライトが付いているのはとても便利なのです!

価格は3680円(2018年1月アマゾン価格)と、普通のモバイルバッテリーとほとんど変わらない値段。どうせ買うのなら、ジャンプスターター付きのモバイルバッテリーが絶対おすすめです!

国産ブランドの信頼できる製品も!

ジャンプスターターは、大電流を扱うため、製品設計は結構リスキー。↑で紹介したsuaokiも評判は悪くないのですが、もしもの時に役に立たないのでは本末転倒です。

信頼性重視で選ぶなら、やっぱり国産ブランド。日立のジャンプスターターがお勧めです。

日立(HITACHI) ジャンプスターター 充電バッテリー日立ポータブルパワーソース 18000mAh 12V車専用 PS-18000

機能的には、suaoki U10 ジャンプスターター モバイルバッテリー 20000mAh大容量 12V車 逆接続保護 コンパス搭載 防塵 防滴設計 スマホ タブレットなどへの充電 LEDライト ブルーとほとんど変わらないのですが、価格は22000円(2018年1月アマゾン価格)と3倍近くの価格差があります。

でも、この手の、大電流を扱う機器は、真面目に設計してよい部品を使うと、意外と原価がかかるもの。もしもの時に使うものですから、少しでも信頼性の高い物を選ぶという選択肢もありだと思います。この製品、日立ブランドですが、生産は中国。でも製品管理はしっかりしている(と信じたい)はずですので、間違いはないと思います。

ネットでの評判も上々ですしね!
以上今回は、バッテリー上がりだけでなく、LEDライトやモバイルバッテリー、方位磁石までついた便利なジャンプスターターを紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

まとめ

今回紹介した商品は、

suaoki U10 ジャンプスターター モバイルバッテリー 20000mAh大容量 12V車 逆接続保護 コンパス搭載 防塵 防滴設計 スマホ タブレットなどへの充電 LEDライト ブルー

タフなモバイルバッテリーとしても使える新しい商品ですね!災害用だけでなくアウトドア用品として準備しておくといろいろ役にたちそうです。


suaoki K12 ジャンプスターター 逆接続機能搭載 12V車用 コンパクト 8000mAh スマホなど緊急充電 LEDライト付 日本語取扱説明書対応【12ヶ月保証】

普通のモバイルバッテリーに、ジャンプスターター機能が追加された、普段使いしやすいジャンプスターター。ブースターケーブル部だけ車内に置いておいて、電池部分は普段から持ち歩くという使い方もおすすめです。

日立(HITACHI) ジャンプスターター 充電バッテリー日立ポータブルパワーソース 18000mAh 12V車専用 PS-18000

信頼性を重視するなら、やっぱり国産ブランド。電機メーカーのトップ日立の製品なら安心です!

防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

にほんブログ村


-長期避難に役立つ防災グッズ, 防災グッズ, 電気関係の防災グッズ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エアロバイクを漕ぐ女性

足こぎの発電機が気になるのだが。。防災時にも役に立つ?

山猫は防災時に役に立つオフグリッドソーラーを作るという記事を連載してきたのだけど、 発電はソーラーだけではなく、他の方法でも出来ますよね。 手回しの発電機も売られていますが、はっきり言って発電量はたか …

軍手のイメージ

防災!災害時には軍手では力不足!皮手袋が必要な理由!

防災用品のセットを買うと、必ず入っているのが布製の「軍手」。 特に説明のいらない商品ですね!子どものころから当たり前に使っている手を保護するための手袋です。 素手で扱うと、けがをしやすい物を運んだり、 …

手回し発電機つきラジオ

防災用品。手回し式発電機のついたラジオをお勧めしない理由

本ブログでは、災害時の備えとして、いろいろな電気グッズを紹介してきました。 ・ラジオ(あなたは災害時、何で情報を得ますか?災害時の情報収集の最強ツール)  山猫おソーラーの備えるブログあなた …

災害時の電力供給!折り畳み式のソーラー発電機が進化して使いやすくなっている!

本ブログでは、災害時の発電用に小型のオフグリッドソーラーの自作をおすすめしてきました。  山猫おソーラーの備えるブログ  1 pocket災害時に役に立つ移動式のオフグリ …

無線受信機イラスト

消防無線がデジタル化された今、広帯域無線受信機は役に立たないのか?

目次 電波はどのように使われている?デジタル化するとなんで聞けなくなるの?なぜ、消防や防災無線がデジタル化されたの?広帯域無線受信機は役に立たなくなったのか?消防無線も署活系無線はアナログのまま生き残 …

ブログ内検索

アーカイブ