非常食!実食レビュー アルファ食品 安心米 ドライカレー

非常食

サタケ食品→尾西食品と続いてきた、アルファ米を使った非常食の試食シリーズもいよいよ3社目!

本日からは、アルファー食品株式会社さんの非常食を実食レビューしていきましょう!

さて、毎度おなじみになってしまいますが、いきなりこのページに連れてこられて人も多いと思うので、アルファ米とは何ぞや?というところから。。

でも、アルファ米についての記事へのリンクを貼ってあるだけなんですけどね。。

正直なところ、私は、アルファ米と言うものがどんな物でどんな歴史があるものなのか知らなかったのです。

なんか、横文字の名前を付ければ、かっこいいのでは?という認識。でも実はすごい歴史の長い商品で、もともとは海軍(自衛隊ではないですよ。帝国海軍のほうです。)から依頼を受けて製品を作ったという記録も残っているそうです。

そんな歴史のあるアルファ米を今私たちは、非常食としてたべさせてもらっているのですね。

本日は、アルファー食品の安心米シリーズの試食です。

アルファー米(アルファー化米)の非常食を作っているメーカーは沢山あるのですが、その中で御三家と呼ばれているのが、、

尾西食品

サタケ食品

そして、今回紹介する、アルファー食品 なんです。

もう、名前にアルファーって書いてあるぐらいなので、アルファー食品は、この技術にかけているのでしょうか?

メーカーのホームページに行くと、非常食のほかにも、いろいろな商品を開発、販売しているようです。でも基本となっている技術は、米のアルファー化に間違いないようです。

さて、アルファー食品が販売している、安心米シリーズですが、尾西、サタケと同様いろいろな味の物が販売されています。

(1) 白飯

(2) 五目ご飯

(3) 山菜おこわ

(4) 海鮮おこわ

(5) わかめご飯

(6) きのこご飯

(7) ひじきご飯

(8) 白がゆ

(9) 梅がゆ

(10) ドライカレー

(11) エビピラフ

今回は、どの試食をするかと言うと・・・ 「ドライカレー」です。

これは、サタケの試食をするときに、ドライカレーから始めてしまったからなんですね。

なぜ、これから始めてしまったかは、よく覚えていないのですが、多分、ドライカレーが食べたかったのだと思います。。。

アルファー食品 安心米 ドライカレーの試食です。

では早速試食をしていきます。

容器は、サタケ、尾西とあまり変わらないデザインですね。ちょっと幅広で薄い感じかな。でも底のマチが結構広くて安定がよいのです。

では開封してみましょう!

中には、調味料とスプーン、酸化防止剤が入っています。米粒が、尾西のアルファー米シリーズよりも、ちょっと小さい気がします。

取り出したら、底をなるべく開いてあげます。そこを開かないと、お湯の量がめちゃくちゃになってしまうので注意ですよ!

付属品は、調味料、スプーン、酸化防止剤。スプーン付きなのは非常食としてはすごく助かると思います。

まあまあしっかりしているスプーンなので、災害時は使いまわしもできそうです。

調味料を先に入れるのと、お湯を入れた直後に良くかき混ぜるのを忘れずに!

お湯を入れて15分後です。ちゃんとドライカレーになりました。

早速試食をしてみます。袋を開けた時の感触の通り、お米の粒は少し小さめ。

味は、この3社で明確な違いはありませんでしたね。いや、もしかしたら、同時に3社分食べれば違いが判るかもしれないのですが、今回は日にちを分けて順番に食べていっているので、どんどん味や感触を忘れてしまっているのです。。。

ただ、なんとなくですが、

お米の柔らかさ  サタケ > 尾西 = アルファー

お米っぽさ  尾西 > アルファー > サタケ  (ちょっとサタケはつぶれている感じ)

味わいは、好みの問題が強いかなー。即席な感じは否めないですが、どれもおいしいですよ!

今回ご紹介した商品

今回、ご紹介した商品は、アルファー食品のアルファ米 安心米シリーズ ドライカレーでした。


安心米 ドライカレー 100g

アルファー米の非常食はいろいろな味を取りそろえたほうが開きもこないので良いと思います。


アルファー食品 安心米&おこげ 14種全部セット(安心米11種・おこげ3種) 1230g

アルファ米の非常食を作っているアルファー食品のホームページはこちら

次回は、アルファー食品 安心米非常食の実食レビューの2回目 五目御飯をお送りする予定です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

~記事まとめページはこちら~
防災コラム記事一覧

災害時に役に立つ防災グッズ 記事一覧ページへ

にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

にほんブログ村


 

 

 

 

 

コメント